2011/10

2011/10/31

fwf
結局店売り装備で妥協して、MAGを作成しました。
ソウルランク5の恩恵でサクサクレベルが上がって大変よろしいです。こりゃマッコイオンラインが流行るのもわかるというもの。1キャラ目はBP11レベル9時点でVIT11・INT21という結果だったので、削除して作り直し。
BP11のキャラはやたらステが下がったので、BP9の1stFigを見るに1桁なら大丈夫では?とBP9で2キャラ目を作成。

♀ポークルMAGで作ってるのですが、INT21って低いなぁと思ったけど作り直しのときの素のINTを見て「あぁ、そりゃしかたないな」ってかんじでした。
僕が間違っていました。それでもポークルMAGでいきます。♀は趣味です。♀ポークルかわいいよね・・・

でも、僕はMAGで作ってますが♀ポークルはTHIが一番可愛いと思います。あのむちむちぽんぽんが僕を悩ませるんです。
正直寝そべられると、その、下品なんですが、硬くなりますね。薄い本とか出たら買うのでよろしくお願いします?

wgwg

頬染めちゃってカーワイー。3キャラ目の♀ポークルMAGのGESさんです。どうぞよろしく!
2キャラ目はそのうちまた作り直すんじゃないかな・・・ステルスとれればなんでもいいやって適当すぎた。

ggg

Lv9ついでにマッコイしようとして、衛兵さんに捕まったら牢獄で刑期を終わらせた猛者がいた。まじめだなぁ。

545

45

僕は大体のことは許容するけどBOTとかそういうのはよくないと思います。死体の中身はどれも(おそらく)死者の肉・骨でした。
というかBOTの中の人はなにをやらせてたんだろう・・・。
名前が明らかに中華系っぽいので運営さんやっちまってください!あとBOT・チート用の通報フォーム作ってください!

2011/10/30

lb1526212355sr5

E:+4断罪者の斧
+4ヘビーアックス
+2バトルアクス
+3ロングスピア
+2ポイズンガード
E:+5ブロンズヘルム
E:+4ブロンズグローブ
E:+4歴戦のブロンズキュイラス(HP+3)
E:+5強者のキュイス
E:+5ブロンズグリーブ
E:湧水のペンダント
E:戦神のダブルリング
E:星の耳飾り
E:碧玉のベルト
ダミー斧*5~9

アップデートの前に、一つの節目を迎えることができた。よかった。
何気にルート回数も100になり、PK数も200を突破した。死亡要因の半分がPKKというのもなんともアレである。
ちなみに装備はほとんど自作です。
盗んだものといえば断罪以外の斧・ポイズンガードくらいです。じゃあ盗んだものはどうなったの?精錬によって犠牲になりました。
というか+4以上の装備なんてほとんど盗めません。

あるにはありましたが、アリアの奥深くで、+5強者のブロンズキュイラスを奪うことができましたが、代わりに+3ロングスピアを奪われたりとか。
オーラ武器とか盗めないよぅ、+5↑ブラックウッド杖がほしいです。装備がないとMAGが作れない!+3は盗めたけど折れました。+0精霊ウッドスタッフより弱いとか論外だから仕方が無いね。

ともかく、Lv15になったので早速ショックウェーブをとってみました。
かなり良好です、これ。普段のPKでも重用しています。でもまだソロMAGとあんまり出会わない上に出会ってもチャージスイープを当たってしまう素人ばかり。
前に戦った人いないかな、と思ってたらいました。お互い狙っていたわけではなく、ダンジョンの出会いがしらでした。
しかも僕がワープポイントから出てきた形。咄嗟に武器を構える僕、即座に離れるMAG、放たれるショックウェーブ!
290ダメージを与えて尚、MAGは走り逃げ去っていった。

・・・えぇぇ、それ耐えるの?どんだけタフなんだ♀エルフMAG・・・あれが噂のスーパーヘビィベルト(HP+100)なんだろうか。

とはいえ、やはり使えることは確認できた。次のレベルアップからは普通にディフェンドスタンスをあげていこうと思います。


以下おまけ

dawdfg

ダンスの合間のダイビング中に起こった不幸の事故。
完全にスタックしてしまい、帰還コマンドがなければ即死でした。

511

こういう宣伝、嫌いじゃないな。

ggagw

スタチュー部屋での一幕。
プレイヤーキャラからルートをしようとしても、どうしてもスタチューが邪魔をする。
しかもルート権がないので死体が消えない。ALTキーをおしっぱとかでも無駄だった、ちくしょう。こういう細かいところ修正してくれると凄くありがたいですね。

hshs

ダンスレッスンから帰る途中、ちょうどダンスレッスンにいく人がいたので、復帰ポイントを設定される前にPKしようとして死神に咎められた図。
結局逃げられました。残念。

gwag

下水のあいつとタイマン。冒頭の装備とレベルならば、

fawggg

ソロでも勝てるようになっていました。
そういえばLv18になれば、こいつを倒せってクエを受けれるようになるな。
そのころには新ダンジョンに向かってるだろうなぁ、来週の火曜にくるみたいだし。


おまけおしまい。
もっと色々あったはずなんですが、SSとれてない。あれえ?
動作が重いくせにちゃんと取れてないSS機能に疑問を感じる。誰かいいツール教えてください、干渉しないやつ。

また、今日からはアリア川をメインに動きます。
皆さんどうぞよろしくお願いします。

2011/10/29

FIG・THI・PRI。ファイター・シーフ・プリーストのことだ。
この3職相手なら、基本的に負けないようになった。
複数でこられたら(8人とか)流石に死ぬときは死ぬが、基本的には死なない。読者の中に「は?俺殺したうえにお前からルートしてやったけど?」って人もいるかもしれないが、
基本的にデスHP回復かデスルーラであり、そうでなければルート中の俺は死ぬまでワンチャン盗み続けるので、僕の中じゃノーカンである。
このゲームはロストや重要物をルートされなければ基本的にデスペナはない。ダミーアイテムなんざいくらでもやるよ!インベントリ溢れてんだよ!

そういうことで、MAGことメイジ以外にはまず安定して負けることはない。チャージスイープだけは勘弁であるが。

ではなぜMAGには安定しないのかというと、この職業、対人用スキル構成だと自衛力がとてつもなく高いのだ。
つまり、バインド系列と高レベルのフレイムアロー、そしてアーストレマー。この3種の神器がタイマンにおけるMAGの対人性能を高めている。

バインド系列・・・これが厄介なもので、射程が短く、最詠唱時間も長いのだが、まず当たる。
なぜ当たるのかというと、詠唱自体は1秒で終わり、しかも(おそらく)即着であり、さらに何かが飛んでくるといった描写もない。
受ける側は相手の詠唱を見てから射程外に退避しなければならないのだが、詠唱ポーズは全呪文同じであり、そもそも射程ギリギリで使うこともあまりないので、まず当たる。
ちなみにガードをしていても貫通して当たり、壁などの裏に隠れても当たります。

次にアーストレマー。このスキルは非常に強力で、ダメージ・発生・特殊効果の性能が高い。
1HITでもそこそこ痛いのに、最大3HITするのだ。しかも詠唱速度は0.2、ついでに鈍足効果もついてくる。それが自分の周囲360度に判定がある。
FEZでいえば、高威力のフリージングウェイブといったところか。

最後にフレイムアロー。動きの止まった敵に対して100ダメージを何度も好きなだけ打ち込める。酷い。

つまり高速トレマーでダメージを与えつつバインドを確実に当て、フレイムアローを連射する。これで死なない相手はまず、いない。
全て僕の体験談でしかないのだが、Lv15以上の対人にイケイケなMAGの強さは半端じゃないと思う。タイマン限定だけど。

僕はファイターしかやったことがなく、MAGのことなんてさっぱりだったので
「魔法なんて見てから避けれるだろ?HP低いんだしカスれば即死だろー」という考えを持っていたのだが、とあるPKKのMAGと出会って間違いだとわからされたのだ。

SSはとり損ねた、というよりとる暇がなかった。
結果から言うと、僕とPKKのMAGがタイマンで5回戦って、僕が5連敗した。どうしようもなかった。
斧と盾の持ち替え・ダッシュなどを駆使し、回避しながら接近してヘッドバッシュを当てることができ、捕らえたと思ったがそこが限界だった。
トレマーがあまりにも接近職殺しすぎたのだ。とはいえ、接近しなければ攻撃ができないし、どうしたものかと考えた。

そこで対策として考えたのが以下である。

1.逃げる。
2.射程を見切り、立ち回りで全てを覆す。
3.PTで襲い、数の暴力で圧倒する。
3.魔法防御のある防具を揃え、被ダメを減らす。
4.遠距離攻撃の手段をなんとか取り入れる。
5.とりあえずこちらもMAGを作ってみる。

まず1だが、あり得ない。論外である。
このくらいで逃げるくらいなら最初から赤ネームになどなっていないからだ。

次に2、これは最終的には慣れてできるようになりたい。なりたいが、場数を踏むと同時に、スキル性能を研究する仲間や時間が僕にはない。
即効性が今はほしい、MAGに対抗する手段が。確かに大切なことだが、これは追々ということにしておこう。戦っていけば自然とできるようになるはずだ。

ならば3かというと、これも却下。基本的にソロの僕には無理。ノー友人でフィニッシュです。

4の遠距離手段、FIGにそんなもんあるのか?と思ったら、あった。「ショックウェーブ」だ。
世間ではPK専用スキルとか言われているらしいが、情報サイトなどを見ず、町にも立ち寄らない僕には今まで知りえなかった情報だ。

このスキル、射程距離は短いが、それでも弾を飛ばせる。ダメージはMAG相手に大体100前後と悪くない。しかもパワーチャージも乗る。
対MAGだけでなく、スイープ後にもほぼ確定で当たるし、通常合戦で相手が劣勢になって逃げようとしたところを追撃に使うこともできる。

最後に5だが、やっぱり苦手な職の対策をするならば自分でやるのが一番なので作ろうと思います。
ソロFIGの完全なアンチなので、現状最難関のアリアの復帰ポイントの遠い場所で闇討ちすれば+5↑の精錬装備とか盗れるんじゃないかとか思ってます。
でもMAG用の装備がありません。無いなら奪おう。奪う相手のMAGがつらい!

ちょうど、レベルももうすぐ上がるのでディフェンドスタンスもそこそこに、僕はショックウェーブを目標にレベル上げに向かった。

2011/10/28

dwagv1今日も元気にチコル周回。うそです、全然元気じゃありません。目が死んでます。
しかし、襲われると目に炎が宿るもので、僕の闘志はムクムクと膨れ上がり燃え盛った。

今日の相手は周回中のパーティの皆さん。このパーティ、他の3人は「赤い人がいるなぁ、怖いし無視しようぜ」とでも思っていたのだろうけど
プリーストの人がしきりに僕の周りをウロウロしている。僕は構わずにスタチューを狩り続けていると、プリーストが回りにバフをかけ始めた。
他のPTMも、抜刀状態でこちらを取り囲むような布陣を敷いてきた。

お、やるのか?やんのか? しかし先制をかけられるとやりづらいので、ここは一度退室。
おそらく彼らもスタチューを狩りたいのであろうとは思ったので、部屋を譲り渡し、僕はすぐ傍にある決戦場でラッシュアワー退治をした。

退治し終えて戻ったら、案の定スタチューを叩いていたので奇襲チャージスイープで一掃、上の画像の状態になった。
一度ブッチャー部屋までいって、復帰ポイントを更新させてから戻ると、懲りずにまたいたので追撃のチャージスイープで一掃した。

fawg

元凶であるプリーストだけが生き残ったので、とりあえず煽っておいた。
ちなみにこの斧はやはりダミーだった。悔しいね。

それにしてもこのプリーストさん、ルートを咎めることなくスタチューのタゲをとっていてくれたので、
安全に死体を漁ることができたのだが何がしたかったのだろう。

僕はスタチューのノルマをこなし、ブッチャーを倒しに向かった。

dkfag

パーティが追ってきた。彼らもスタチューが終わったのかな?それとも僕を倒したいのだろうか。
プリーストがこちらにホーリーライトの魔法を撃ってきたので、反撃した。
ルートを開始すると、他のパーティメンバーが襲ってきそうだったので、とりあえず時間稼ぎにと

koj

お話していたら、ルートできた。
僕からはやるつもりなかったんだよ、そっちから仕掛けてきたんだからさ、といった感じで話をしていると
パーティメンバーであるwyverさんも、妙な納得をしてしまった。

話をしながらブッチャーノルマをこなし、帰ろうかと思ってたらプリーストが復帰してきた。アンタわざわざ入り口から戻ってきたのか!
すると、すぐさまホーリーライトを撃ってきた。しかしこの魔法、詠唱に3秒かかるので見てから余裕で避けれる。
ドンだけやる気満々なんだよ、と話し続けるも一向に攻撃の手が休まらない。が、しばらくするとMPが尽きたのかキャンプをし始めた。

僕も話し合いに応じてくれる人は好きなので、HP回復ついでに目の前で死ぬことにした。
復帰の像はすぐ目の前なので、何も盗まれることは無いが、唯一盗られた人は盗られたものを瞬時に取り返せるのだ。
盗られた人も目の前にいたので、これなら邪魔が入らない限りは取り返せるだろう?と思いながら、僕は死んでいった。

wfa

そして、邪魔が入った。僕の死体にプリーストが食いついたのだ。
しかも盗ろうとしたものは錆付いた斧だった。救えない。

kff

即復帰チャージスイープをしてから、宿に戻るのであった。
ちょうど盗られた人が生き残っていたので、

264mm

こう言っておいた。赤の死体といえど、ルートチャレンジだけで黄色くなるのだ。救えない。

df

fff

ゴミしかなかったので、全て売り払った。
もっとも、見た目で既に僕よりソウルランクもレベルも低く、装備の質もよくないんだろうなと思っていたし、
だからこそ僕のほうからやらなかったんだけれども。

PKKするときは、相手をよく見て選びましょう。

2011/10/27

fkjk

今日も元気にチコルを回るものの、まともに斧がルートできない。周回をこなしつつのついででやっても、中々成功しないね。
インベントリの空きがなかったり、HP不足でMobや他人に妨害されたり、ヒールポーションがなくて耐えられなかったり。
まぁボチボチやってれば何個かとれるよね、きっと。

wdg

そんな感じで狩りをしていたら、こんなアイテムが宝箱から出た。
噂の強化決戦場、「デプス」にいくためのアイテムらしい。酷いことに売れない預けれないトレードもできないという重要品っぷりに眩暈がした。
放っておいてもインベントリの無駄なので、いってみることに。アリアをクリアした僕ならきっといけるはず。

gwe

そういうわけでやってきました、カオカ・パラージ遺跡です。
闇天使像の前で使う、ということだったので調べて見たものの、特に変化は無かった。
入って見ても通常の決戦場と同じだったので、他の場所なのかなと調べて見ると

ga

ここだ!遺跡の最奥の闇天使の像で、反応した。

g1

g2

g4

g5

いけるものならパーティでいこうと思っていたが、ソロプレイ専用か。
まぁファイターなら大丈夫だろう、回復財あまりもってきていないのだけが心配だけど。

g6
g7

さぁ、いこうか。

gagha

普段の決戦場とは違う、禍々しい雰囲気がにじみ出ている。別に僕が瀕死なわけではない。
一体こんなオーラを出すここの主はどんなヤツなんだろう。バフをかけて突撃した。

gagw

牛タイプのモンスター、クラックペインがここの主のようだ。
よく見るとお腹に人の顔があり、ふんどしをしている

wdx

のではなく、魔法使いタイプのモンスター、フェイクプロフェットが2匹取り巻いていた。

とりあえずと、牛にヘッドバッシュを与えて殴り合いをしてみる。

gaga

被ダメは5、与ダメは127。全然いける。HPが超高いが、持久戦なら負けはしないだろう。
問題はジジイのほうだ。横からダメージ80~110くらいの魔法をぶちこんでくる。
僕は牛を障害物の裏に連れ込み、殴り合いをするのだが魔法使いがフラフラフラフラとこっちへ寄ってきては魔法を撃ってくる。
鬱陶しいので先に魔法使いからやりたかったが、牛からのダメージが低いとはいえ、ノックバックが鬱陶しいし、ジジイは2匹いる。
1匹を相手している間にもう1匹にやられてしまいそうなので、まずは牛から。

agw

HPが持たないので、出口付近まで走ってキャンプを張ろうとするも

gaw

牛にそれを咎められる。意外と足が速いのだ、こいつは。

でもジジイを置いてくることはできたか?チャンスとばかりにタイマンを挑んだのだが

565

背後から魔法を叩き込まれて、ついに僕は負けてしまった。
魔法対策をしないとなぁ、物理ばかりあげてもこれからはやっていけない時代なのかもしれない。

チコルに戻って周回していると、PK3人組に襲われた。
相手はファイター3人だったが、ディフェンドスタンスだけで被ダメが6以下、ヘッドバッシュで1という有様だった。
彼らは分が悪いと思って撤退していったんだけど、一人だけ取り残されていった。
いや、違う。棒立ちしている。なんだろう?とりあえず殺して剥ぎ取っていたら

262

あぁ、強制終了喰らったんだなぁ。既に気づいてはいたが、やはり。
この表示がされるまでに防具を2個もらった。

その後、これ以上は拾えなかったので周回に戻ったのだが、いつまでたっても死体は残っている。

拾えないものかなぁと覗いて見ると、

dwgg

拾えてしまった。え?なんで?
よくわからないまま、身につけていた装備一式全て奪い取った。
そして、また保護がかかって盗めなくなったが、多分時間がたてばまた奪い取れるな、と思ったので
「ここに放置されている赤の死体がある、各自1つまでなら盗んでいっていいぞ」と周知させ、僕は周回作業に戻った。

なんだかこのチャンネルだけ、やたら犯罪者が溢れていたけど僕は知らない。

ちなみに鑑定結果は、防具は全て無精錬だったのでうっぱらった。
武器だけ+3ロングスピア(HP+3*2)と中々のものだったが、僕は斧使いなのでやはり必要なかった。

2011/10/26

特になし。
チコル周回もめっきり人が少なくなった。
アリア川のEXPアップ+チコル全chをPKPTが視察してるらしい。
ともかくそういった理由で、チコルに快適なchが凄く増えた。

それでもチラホラとはやってくるので、むしろPKする分にはやりやすかった。
4周回しかできなかったが、+2ヘビィアックスとヘビィアックス、強者キュイスを拾った。
量産されまくって売っても微妙だが、自前で強化する分には問題ない。
斧を増やすことによってシャドウダンサー狩りを継続させることができるの。

そういうわけでなけなしのお金で防具を鍛えた。
+2と+3のブロンズグローブを折れませんようにと強化したら2つとも+4になった。

そしてお金が尽きた。
本命のライトメタルグローブは+2止まりである。
精錬代8500は高い。ブロンズは1000なのに・・・。SR2と4の差だね。

この程度のことなので、別に書くこともないかとも思ったけど一応書いておいた。
なんだかチコル周回してると、時代に取り残されたのかなぁと思えてくるから困る。
でもソロアリアできる自信がない・・・。

ちなみに精霊の種イベントはとっくに興味が無く、出ないはずのチコルの宝箱からなぜか出たりしたので、全て仲間に押し付けた。
もうちょいマシなものを出すべき。いや一応出るらしいけど、なんだかどうでもいい。インベントリ圧迫するだけだ。

あと運営さんとサポートの人へ。お世話になりました、すいませんでしたありがとうございます。
びっくりするほど迅速な対応に感謝します。

2011/10/25

今日は定期メンテナンスの日。料理の効果が180分へと延長し、しかもお安い。早速試そうと思ったがお金が無かった。500Gが無かった。
そんなことよりチコル周回して、EXPと金と(PKによる)装備収集をと思ったのだが、なにやらイベントがあるみたい。

詳細

d1

なるほどこいつか。スラムにもいるあたり運営の配慮が伺える。

d2
話しかけると、妙なものを押し付けられた。
外見のみ変わる頭装備らしい。これをやるから精霊の種とやらを集めてきてくれとのことだ。

z5

早速つけてみたけどどうなんだこれは。ちょっとホラーな感じがする。なんだこれ。

azws

宿屋方面にはマダムもいた。
おいしそうな飴と、食べたら文字通り即死するらしい飴をもらった。
彼女に精霊の種を10個預ければいいらしいので、集めに行くことに。

どこでも出るのかなとチコルにいこうとしたら、チコルとアリアでは出ないとの報告があったので
デルティス、通称「たいぞー」に出向いた。

der

ここも久々だなぁ、全然走りこんでないから迷ったが、マップは完成しているのでなんとかなった。
とりあえず復帰ポイントを探してから、どこかで狩ってみよう。

adxz

ジャンクメタル団のアジトでハイウェイマンをたたききってると、いらないアイテムも大量に出て非常にインベントリ圧迫した。
しかし種の出は良好で、すぐに20個ほどたまった。他のパーティもきたし、飽きたので帰ることに。

wdaw

どうせなので、パーティの人からも失敬しようとしたが、たったの7個で大したルート時間だった。
すぐに復帰されてしまい、こりゃ自力でとったほうが早いなと思った。また来るのかはわからんが。
何をもらえるか次第だなあ。

dawx

種をおばばに渡すと、カボチャスフィアのおまけにトンガリ帽子もくれた。
このトンガリ帽子、可愛くて中々素敵なのでこちらもアバターなのかと思ったら、防具扱いだった。
能力値は絶望的だったので、僕は運営を呪った。

487z

こっちがアバターだったらよかったのになぁ。
と思ったらロイヤルショップ(課金ショップ)でアバター用のが売ってるらしい。運営心得てるな畜生め・・・

azdzd

そして気になるカボチャスフィア。どうやら中に何か入ってるらしい。
さっそく2箱あけて見た。

adwzwdaz

うん。なんだろうこれは。
早速使ってみる。

sda

asdz

adz

adawd

うん。
なんだこれ。

dwaz

dawd

adw

あー

うん

どうすんだこれ。

48

その後、仲間がアリア最終ボスパーティを募集していたので、参加した。
なにやらメンテで難易度が高くなったと聞いて、軽い恐怖を感じてるよ。

878

aaadfw

ボス部屋まで駆け抜ける。
途中ワーバッファローと少しじゃれたら、HPが減ってしまった。
ここで回復アイテムを持ってきてなかったことに気づいた。
しかし回復ポイントも復帰ポイントも近くには無いので、そのまま行くことに。

523a

そんなだから、いくらレベルが上がって装備がよくなろうと死ぬのは必然であった。
いやあ、ごめんなさい。でもムービー見た組と見てない組がいて、入り口で待ってたら向こうから来るのは反則だと思う。
それにしてもおかしいな、決戦場で死んだのに自動で飛ばされない。
仕方ないので自分の足で出ようとすると、

566

えええ?これがメンテ内容にあった修正内容か!
幽霊状態でパーティチャットで応援するも、

aaaxz

ダメだった。

555

作戦会議。
どうやら、ここのボスは前半と後半に分かれていて、前半は先日の日記でやった「ブルスポーン」がいる。
こいつを倒すと、次のボスがパーティの人数分だけ沸くので、その前に一人だけ残して退室、すぐに再入室して4vs1を展開しようというものだった。
しかし退室できなかったぞ?定期メンテナンスでの修正ないようだろうとは思うが。

「退室できないなら、最初から一人でやってもらって途中入室しよう!」 まじか

誰か自信のある人は?と仲間の発言。僕は自信がない。すると、本気出したら耐性220までいけるという仲間が名乗り出た。
220って。もう行く人決まったな!あとは任せた!

決戦場に向かう仲間を見送り、決戦場前で待機する3人。途中MPKに会いながらも、仲間の途中経過の報告を聞きながらジッと待った。

54

そして、その時は来た。仲間が1vs1を制したのだ。突入する僕ら。
タゲられている人が逃げ回り、あとの人が後ろから攻撃する、という作戦で行くことにした。
全機、フルブラスト!

44a

ブルスポーンより一回り大きい!!
こいつはヘッドバッシュ5+ディフェンドスタンスでも70くらいダメージを与えてくる恐ろしいモンスターだった。
僕一人で狩るのは無理だな、と思いながら後ろからひたすらつついた。

kfa

ケツを割ったり突いたりして、次第に体力が減っていくアサルトブル。それにしても硬いなこいつ。
ロングスピアじゃ話にならない。突耐性が高いのだろうか。しかし斧は既に耐久力が0になっている・・・。

adwx

あと一撃!画面は赤く、僕も既に瀕死であった。
そして、

222

アサルトブルと僕は相打ちになった。しかも絵が酷い。まるで生まれたてのようだ。

ジュエルナイトの物語は、このことを示唆していたのかもわからんね。
あの話は救いがなくて暗すぎるので、ジュエルナイト☆サンシャインあたりで補完したほうがいいとおもう。
さて、これはクエストクリアになったのかなぁ、と思っていたら

zfw

daw

なんとかセーフだった。本当によかった。
みなさんありがとうございました。お疲れ様です!

決戦場を出て、奥にいけるようになったが、僕は死んでいるので一度戻ってから向かった。

da2

向かった先には、ワーバッファローさんが2体になっていた。なんで増えてるの・・・。
内側から扉を開けてもらい、味方が死にそうになりながらも、なんとか奥の部屋へと全員入れた。
まるでこのゲームのオープニングのような展開になりそうだったが、それはなかった。助かった。
部屋の奥にいこうとすると、案の定暗転、ムービーが始まった。

32wd

(この人たち数日間待ってくれてたのかな・・・やさしいな・・・)

dwax

そういうわけでダンジョンクリア、「クズの中のクズ」の称号を得た。光栄です。
さぁ、町に帰って報告しよう!いざ行かん魔法局へ!スラムからGO!

45daw

なんだか衛兵さんの様子がおかしい。
アンデットモンスターのような風体になっていて、より恐ろしく見える。
目を合わせないように僕は奥へと進んだ。

awdwaz

お仕事ご苦労さまです。
ステルスとかいらないね、慣れたものです。

ところで、この魔法局の局長の名前は、ゼーム・テールというのだけれど、
僕は最初、その名前からなんとなく美女なのかなぁと思った。なんたって魔法局の局長で、ゼームでテールといったら、美女と相場が決まっている。

adwxzz

こんなおっさんであっていいはずがないのだ。立派なツイン・テールかましやがって・・・。

dwazxc

ともかく報告をして報酬をもらった。これでクリアーだ!
あとは適当に話を聞き流していたら、

dz

スッ

265
ズシャァー

わしゃ知らんよと顔を背ける魔法局局長ゼーム・テールさん。全ては仕組まれた罠だったのだ。
ちくしょうそりゃないよ、ひでぇ。この町はアンデットによって支配されてしまったというのか。

アリア川のダンジョンを攻略したにも関わらず、僕は絶望しながらログアウトしました。

2011/10/24

1a

昨日拾ったたいまつでカタリナさんを燃やしつつ、さて、どこにいこうかなと思案。
とりあえず、センチネルでポーション稼いでから、シャドウダンサーへ。
ちょっと迷ったものの、まっすぐシャドウダンサーへいけるようになった。慣れるものだなあ。

で、確かに金が美味いには美味いのだが、武器が足りない。
どういうことかというと、硬度3の斧1本じゃシャドウダンサーの群れの前に耐久力が持たないのだ。
5,6周くらいで折れそうになった。これじゃいかんと、結局センチネル狩りへ。

途中出待ちPKなんかにも出くわしたが、無敵時間で冷静に周回を続けた。

458

よし。ディフェンドスタンスも3になり、物理耐性が170に届いた。これで少しはなんとかなるか?
でも170で苦戦と聞いてはいたので、防具をなんとかしなければならないね。
シャドウダンサー用に斧も複数欲しい。というわけで、チコルにPKしにいった。

144

ブッチャー部屋に、先客の赤ネームがいた。どうしようかな、どうせセーブしてるだろうな、と見ていると話しかけられた。
適当に雑談しつつ、誰か来ないかな、と思ってたら来た。僕がブッチャー部屋に来る前にスタチューで戦ってたPTだ。

ブッチャーと戦い始めたPTを見て、雑談を続けながら隅っこでチャージ開始。発射。「よくある おれも」あたりでの出来事である。

そういうわけで一発で当たりっぽい斧をひけた。ここは初期セーブポイントから最も遠いから、まず取れるだろう。
モンスターや他PCに邪魔されれば難しいが、彼が援護してくれそうだ。

そして95%時点で復活された。まじかよありえない。あの斧オーラ吹いてなかったから+4以下じゃないの!?
ここでダメならオーラ武器とれないじゃないか!呪いながらフレ登録を交わし、町に帰った。

やっぱ30秒は短いよなぁ・・・ルートに対して厳しすぎる。運営は何をお考えなのか!赤ネームの終局を意味するのか!
といってもある仲間は既に70個ほど盗んでいるらしいし、やっぱりいけるもんなんだろうか。俺ももうちょっと考えないといかんかもね。

寝る前に、思いついたように+2ブロンズグローブを+3に強化しようとしたら折れた。
NPC売り防具が現状最強の手甲部位の装備なので、1400Gほど(うろ覚え)で買いなおす。
今見てみると安いなぁ、過剰用に3個買った。結果は[+2] [失敗] [+3]。+4にするつもりだったけど、途中でお金が尽きてしまった。
やはりなんにしても金だね、金。当然のことだが、またも思い知らされた。

というわけでチコル周回しつつPKして装備を漁ったりしながら防具に不安を感じなくなったら、アリアリベンジしようと思います。
なんで僕がこんなPKに躊躇することがなくなったのかというと

agz

こんな称号をとってしまい
なおかつ

aaaa

awaw

こんなことを言われ続けたら完全に開き直っても仕方が無いだろう。
お前初期のころからずっとそれ言ってるよね。全く変化ないよね。適当こいてるよね。
確かに犯罪に手を染めてるから罪が消えないのは認めるにしても、もうちょっとこう・・・やっぱりこの台詞が罪の上限時の台詞なんだろうか?

2011/10/23

1z

僕たちのことではないだろうね。
二手に分かれているので、左側にいってみると、復帰ポイントがあったので、早速設定する。
また、体力を回復する泉もあったので、賽銭を投げ込んで一服する。
誰も見てないからタダでいいんじゃないの?と思うが、加護が重要なんだろう。

z2

右手側の石版にはこのようにある。
中を覗くと、死神と銅像しかなかった。

3z

石像は下手糞な歌をひたすら歌い続けている。
これらが何個か配置されてあり、歌もそれぞれ違った。

z4

移動中、プローラーという死神のようなモンスターが、執拗にこちらを狙ってくる。
ダメージは1だが、斬られると100%石化してしまうらしい。

4z

ええい、生意気なヤツ!
複数で襲い掛かったが、みんな固まってしまった。
ダメージは低いが、石化が解除されると同時にすぐさま攻撃してくるという、なんとも死神らしい外道設定がされてあった。
おまけに倒しても得られるEXPも低い。
一応何かレアドロップもあるらしいのだが、今は関係ない。
時間がかかって非常に鬱陶しい相手だ。

da

とりあえず石像の言うとおり”死神”と”舞踏”って見たが、特に変化もなかった。
小さな変化はあるにはあったが、僕が石化するということくらいだったので、やはりなかった。

5z

奥に行くと、闇天使の像があった。
死神が奪ったもの?そういえば、それぞれの石像の歌には必ず

6z

といった内容が含まれていた。
つまり、どこからかそれらしいアイテムを見つけて返却すればいいのだろう。
方針が決まったので、階段を下りて下水道へ向かった。
結局、死神は何も落とさなかったからだ。こいつではないんだろうな。

7z

5zw+

モンスターと地雷トラップが溢れる下水道だ。
こんな汚い場所でわざわざ身を屈ませながら、それぞれが探した。

az6

そんな調子で、アイテムを4つほど見つけた。
石像は8個あるので、アイテムも8つなんだろうと思うが探しても探してもこれ以上は見つからない。
どうしたものかと一旦戻ることに。

az7

戻る途中に、ソロで狩りをしてるシーフのようなのがいたので、倒しておいた。
こんな危険な場所にソロでいるはずがない!きっとプレイヤーに化けたモンスターに違いなかった。

大きな剣はダミーアイテムだった。

5a

すると、なんだか興奮した別のソロの人がやってきた。
明らかにこちらに敵意を向けている。やはりプレイヤーに化けているモンスターが、そこかしこにいるのだろう。まるでここはスラムです。

僕はカウンターとして後だしチャージを行い、盾に持ち替えて相手のチャージが切れるのを待った。
相手のチャージが切れた瞬間に、こちらのチャージスイープを当てれるように間合いを計りながら回避する。

そろそろ時間だ。僕は走り幅跳びよろしくダッシュジャンプで回避しようとした。
しかし画面内のキャラクターが行った動作は、バックステップだ。
しまった、抜刀状態だったらしい。素手だから気づかなかった。

8z

後ろにはもちろん、チャージ状態の彼がいた。
バーン!ドサッ 僕は死んだ。

ダミーアイテムの刃こぼれした斧を盗まれてしまった。
情けないなぁ、精進しないと。

ともあれ結果的には、走るよりかは多分早く楽に合流地点に辿り着けた。
復活したてなので体力も満タン、と考えればワープ代ということにしてもいいかもしれない。
負け惜しみである。

77z

ブラついてると、こんな部屋が。
中を覗くと石版があった。

5zw

なるほどね。
アイテムを増やし、それぞれの像に返しにいった。
よく見ると男性の像と女性の像があり、先に男性の像に話しかけると
「レディーファーストだ!」と叱られてしまった。紳士なのだがプローラーが鬱陶しいのでさっさと受け取って欲しかった。

そういうわけで、決戦場への挑戦権を得られた僕らは颯爽と飛び込んだ。

awdz5

ここのボスは、シャドウダンサーというゾンビだ。
センチネルドゥームのようなのとは違い、一体一体が強力だった。
しかし、普段盆踊りでダンス力を鍛えてる僕らの前には餌でしかなかった。
こいつらはドロップするお金が美味しいので、ソロでも狩れるし次の狩場にいいかもしれない。
なにかしらレアドロップもあるらしいし、考えておこう。

5wd

先へ進むと、回復ポイントがあった。
割高だが、HPはもはや20で瀕死も瀕死なので、600Gを支払った。
仲間は、すぐ先にある崖に「アイキャンフラーイ!」と叫びながら穴に飛び込んでいった。死んだ。
そう、この部屋の前には復活の像があったのだ。忘れていた。それにしてもわざわざ叫びながら飛び込むこともないだろうに。気持ちはわかるが。

次に立ち寄ったとき、僕は「ユーキャンフラーイ!」と羽ばたいていた。

5sa

体力を万全にし、再度地下から先へと進む。
ここからは、階段をあがったり下がったり、迷路のような下水をウロウロしたりで非常に迷いやすい。
僕のような方向音痴はソロではとてもこれない場所である。パーティって素晴らしい。

333

下水道を乗り越え、ボス前の扉がある場所まで辿り着いたが、扉の前には先ほどの強敵、ワーバッファローが控えていた。
控えているだけでなにもしてこなかった。スタックしているのである。

全力で煽る僕とハゲに、仲間がさっさと先に行こうやと扉を開けて無言で催促する。

aa3

a2z

a5z

というわけで、封印を解く作業が必要らしい。
また、封印を解くアイテムを探しにいかないとだめなのか。もしくはギミックか。
部屋を出ると、突然ムービーが始まった。

aw2

岩原Pだ。この人とスタッフ達は、oβ前から休みなしでひたすら働いているらしい。メンテご苦労さまです。応援しています。

違う、そうじゃない。こいつは確か、なにかのクエストで・・・なんだっけ、忘れた。

ともかく、「魔法の触媒を取りに来たのだが、汚れるのが嫌だからお前ら代わりに集めてきてよ」と。
そんなん構ってる暇はないのだが

ad3

このようなことを言われたら、受けざるを得ない。
この後も、なにやら思わせぶりな発言をしていたが覚えていない。僕は封印が解ければそれでいい。

6w

で、肝心の触媒なのだが、これが非常に厄介だ。
ドロップ率が恐ろしく低いので、全然でない。経験者に聞くと、1人分集めるのに1時間かかるらしい。それも片方で。
とりあえず狩りをして集めようとしてみるも、蜘蛛の糸は一応それなりには出るのだが、蛙の目玉は一向に出ない。

こりゃ話にならん、各々で集めてこよう。どうせ時間もかかるし。
ということで一度解散になった。この時点で20:00である。

a5dz

狩りをしていては時間がかかりすぎるので、買うことにした。
しかしch1の露天街にはじめてきたが、すごい人だかりだ。
僕はステルスシーフで買い物を始めた。10回くらい衛兵に捕まったが、結局他の仲間からの提供や買い物で、それぞれ10個手に入れた。
えらく金と時間がかかった。足元見すぎだこいつら。チャージスイープしてやりたい。
街中でPKしても死体は残らないので、ただの嫌がらせにしかならないからやらないけど。

wwz

よし。
受け取ったはいいが、パーティが解散されてしまっているので、ここからはソロだ。

awd24

封印を解いて、決戦場へ。
すると、またも突然ムービーが流れだした。

56

(なんだこいつら)

57

248

ひどい言われようだ。こいつらと戦うのかな、と思っていると

666

そうではないらしい。
遠近法でなんだかシュールな絵になっているが、こいつがここのボス・・・
名前は忘れた。SSに入っていなかった。

戦ってみると、結局ソロでは彼に勝てなかった。
レベルも装備も不十分だ。ついでにいうとポーションも少なかった。
立ち回りでなんとかするものなのだろうが、復帰ポイントが微妙に遠いので、慣れるまで何度も死ぬのも怖い。
過疎chとはいえ、油断するとルートされてしまいそうなのだ。

155

無題

ダンジョンでは何が起こるか気が抜けないということを、今日僕は思い知った。
腹いせに決戦場前で待機してたパーティを餌にしながら帰路に着いた。

awsd

鑑定すると、当たりだった。僕の被っている頭装備は素ブロンズ+0。
単純にこちらのほうが強いが、2つあるなら過剰精錬に挑戦してもいいな、と思ったので挑戦してみる。

結果、+4と+3ができた。+5に挑戦しようとしたけど、お金がなかった。

そういえば、倉庫に眠ってる歴戦キュイラス+3があったな。
あれも今着ている+4強化キュイラスのほうが強いと使わないのならば、精錬すべきだ。

awdzxv

zzx

すばらしい。

266

レベルも、20回ほどセンチネルを殺せばあがりそうなので、今日はここで時間切れ。
結局3つに日記を分けてなお、攻略できないアリア川にWizardryを感じた。

実はWizardryシリーズってやったことないんですよね(笑)
今度手をつけてみようかな。何からやればいいのかわからんけど。
iPhoneやPSVitaから出ないかなあ。出てるのかな?わかんない。
とりあえず明日はレベル上げだな!

2011/10/23

azxf

メンテ明け
決戦場の封印を破り、一向は更に先へと進む。

dddd
ここはスライム溢れる汚染地帯だ。
そこかしこにグリーンスライムが溢れている。
ここで狩りをしたらおいしそうだが、今はクエストクリアが優先だ。
メンテで時間が潰れてしまったし、急がなければ。

adz.3

ボクは少しでも早くとショートカットをしようとしたら即死した。
何事かと思ったら、どうやら即死沼だったらしい。しかも、こんなに近く見えるのに死体に手が届かない。
どうやら僕の死体は毒の沼に沈んでしまったようだ。
そういうことは書いておけよ!と思ったら、スルーした石版に書いてあった。なんてこった。
zs

adax

薄情なことに、PT一向は既に先へと進んでいた。
一本道なので迷わなくて済むが、黒いスライムやらなんやらがいて、大変毒々しい。
そこかしこに罠が配置されているので気が抜けないなぁ。ダンジョンで気を抜くヤツがあるかって話なんでしょうね。そのとおりだと思う。

aazwf

マップを見ながら追いかけていると、ワープ装置があった。
しかし道はまだ伸びている。
「これ、使っていいの?」と聞くと、使いましょうとPTメンバー。
近くにもモンスターが沸いているので、早速使うと、

dazx

目の前に腐臭溢れる沼が現れた。え?これもしかして即死?
怖いから触らないでおいた。なんともなくとも、警戒するに越したことはないだろう。

adzxv

ようやくPTメンバーに追いついた。
どうやら、ここでようやくクラーケンコインを使うらしい。
しかし何だかイラつく口調の石像だな、叩き割ってやりたい。

こいつを叩き割ったらジャックポットよろしく大量にクラーケンコインがドロップされるのだろうか?
そんなことを思いながら、僕はブラックスライムに殴られていました。
さぁ、決戦場は目の前だ!

1564

ここのボスは・・・え?

4878

デカい!

awd48

デカい!!

adwa

デっカぁぁぁぁい!!!

adaxzw

そしてヤツは、死してなおデカかった。

zc

封印を解き、扉を潜ると大きな広間に出た。

adaxwww

ここでは足の遅いブラックスライムが数匹沸く程度の比較的安全なエリアだった。
何かリドルがあるのかな、と思う前にそれはすぐ目の前にあった。

az

1

2

3

4

5

6

7

あぁなるほど、そういうことね。
周りを見ると4つ石像があった。
それぞれに話しかけて見た。
長いので、飛ばしてもらって全然構わないです。

Case.1

8

9

10

Case.2

11

13

Case.3

14

15

16

Case.4

17

18

19

うーーーーん、長い。長すぎる。
こんなの覚えれるわけが無いよ、要約しておくれ。
しかしダンジョン内のことは、全て自分でやるのが冒険者だ。
この物語をまとめると、こういうことだろう

1

15

13

10

なんだかよくわからない話になった。
ともかく、全ての彫像の話を聞いたうえで、闇天使の問いに答えるとすれば、この場合はCase2らしい。
正しい行いと正しい心って別物なんじゃ、と思いながらも決戦場へと向かった。
ここの決戦場は、PTを組んでいても自分しか入れない。
今回のメンバーは全員ファイターだから問題ないだろう。

aan

ここでのボスは物語の人物であろう、ジュエルナイt

衛兵さん来たん!?!??!?!?!?!
誰だよ連れてきたやつ!!出て濃いよ!!!こんなところで捕まりたくねえよ!!!

adxx

必死の抵抗(ヘッドバッシュ+ディフェンドスタンス)で辛くも退けることができた。
被害ダメージは1*8くらいでした。

はは、なんだ余裕だったな。
じゃあ、先に進もうか。

wws

あれあれ、まだ封印されてる。よく見ると闇天使の像も、まだリドル未クリア状態な点灯の仕方をしている。
何事かと話しかけると、

2a

まだやるのかよ!
結局、4人の騎士を倒すハメになった。
別に恨みはないんだけどなぁ。仕方が無いね。

adz1

途中、問題と回答が噛み合わない選択をしてしまった。
けれども、そのまま決戦場に飛ばされてしまったので、
どうせやるだけ無駄なんだろうな、と思い踵を返し外に出ようとすると

adz2

あらら。
まぁいいや、倒してしまおう。

そう思って武器を構えたら、向こうが衛兵のごとく猛スピードで駆け寄ってきた。
え?お前そんな早かったっけ?と思っている間に300ダメージほど喰らう。

瀕死になった僕は思わずヘッドバッシュを反射的に撃ったが、与えたダメージはなんと、たったの1だ。
そして僕は殺されてしまった。どうやら間違えると強制死亡イベントが起きてしまうらしい。
ロストしたらどうすんだよ!ちゃんとそういうことは事前に・・・入り口にいたNPCが喋ってたなそういえば。

32

そういうわけで、4人の騎士を倒した。これで本当の決戦場への挑戦権が得られるのだ。
それにしても、仲間が物騒なことを言ってるな。お前ら白ネームだからって・・・

3zc

ここのボスは、ジュエルナイト*4。
今回はパーティで入れる。1on1の次は4on4というわけだ。

まとめてガシガシやればいいものを、ばらけさせてしまって、しかもヘッドバッシュが当たってないのも何体かいて、結局1度全滅してしまった。
サクっと復活して、2度目の挑戦はしっかりと連携して撃破した。ヘッドバッシュは命綱だなと再認識。

526a

装備の耐久が危ないので、一度町へ戻ることに。
この部屋の入り口にテレポートシステムがあった。全然気づかなかった。
起動させて、町へ。

後編へ続く。

アーカイブARCHIVE

ウィザードリィ オンライン・攻略ブログ