2012/4

2012/04/30

 
※もう日記書く作業から逃げ出したいってテンションで執筆しました。画像しかありません。

決戦場を出て、奥へ行くと死体と化した実験体が散らばっていた。
調べると、これまたよくわからないことを。なんのこっちゃ。

死体を調べてる間にゴーレムに殴り殺されると、あからさまなヒント用NPCが置いてあった。
謎はすべて解けた。

つまり、モンスター達から集めたクエストアイテムを投入して火力調節機械にて温度を調節。
一定の温度にして、適応したポールを選べということらしい。やはりなんのこっちゃではあるが、足を使って行ける所を探索。

ちなみに、この通路、落雷の罠があるんですが、4連続くらいひかかってました。アツくなるとよくないですね。

あった。
あぁ、全てはゴーレムってそういうことね。

割愛

割愛

とかなんとかいいながら、クソ雑魚なインプを3体けしかけてきたので、あっさり倒した。
なんであんなんでドヤ顔してるんだろう、カーリーの取り巻きのほうが強い。

というわけで、ここが最後の決戦場。
セコムのついてない闇天使の像だったようで、あっさりと入れた。

偉そうな口上をたらたら垂れ流し、自信満々に召還してきたと思ったらデブだった。
やれやれ、こんなんに構ってたからミッションが時間切れになってしまったよ。
仕方ないので肉人形を2つ、お持ち帰りしよう。

ジリジリと様子を見ていたら、ブラッドゼラチンが数匹やってきた。
可愛かったが殺した。ボスはとりあえず1匹づつやることに。

生意気にもショックウェーブを飛ばしてきた。僕びっくり。
ちなみに、物理耐性特化と魔法耐性特化の2種類がいるようですが、攻撃方法は同じようです。
ただし、こちら側の与えるダメージに関しては、物理で物理を殴ったり、魔法で魔法を撃ったりしても1桁ダメージである。

が、案の定動きはトロく、チャージ攻撃なんかもちんたらした詠唱で、余裕で回り込んで背後を取れる。
あぁこりゃ全然余裕だなぁ、ハハハ。ダメージも一応ヒールで間に合うだろう、これなら。
ドヤ顔で敵の詠唱中に背後をとってスティールをする僕。

結果、一発250↑*5の範囲攻撃を貰って全滅した。
なんてこった。何の覚悟もしてなかった。思わず笑った。笑うしかなかった。

で、FFTPの面子じゃあまりにも辛いということみたいなので、ここからは各自で頑張ろうということになった。
そもそもMAGがいなきゃ物理耐性が倒せないということに気づいたのだ。

そういうわけで、メンバーを集めなおして再度挑戦。
みんなクリア済みの猛者たちだ。これなら安心、もはや勝ったも同然です。

いきなり突っ込んでいくメイン盾こと美希。
しかし、見た目も名前も一緒で、どちらが魔法特化なのかわからない。
とりあえずMAGのFAでダメージが高かったほうが物理耐性特化なのだろう。

とても痛い。
これだけダメージを貰うなら、アベンジを使ったほうがよさそうだと使っておく僕。
どうせならばと、防御アップ+スーパーアーマー+アベンジダメージアップの三重奏の必殺技「オーバーユーズ」も使ってみると、

大分耐えれるようになった。
ちなみにメイン盾が化け物みたいなダメージになっていますが、FIGスキルの「アイアンシェル」です。多分。
ともかく、これで割りと安定するようにはなった。結構事故死もしているが。

ちなみに、物理耐性特化の方は、僕が死んでる間に倒してしまったようです。
インベストフレイムはまったくボスキラーなスキルだと思う。

流石にプリの負担も大きいので、避けれるところは避けていく。
慣れると、詠唱見てから武器を外してステップ2回で回避、なんてことも全然可能だ。
それにしても範囲が広い。スーパーアーマーがついてると、外周部分でもフルヒットする危険性があるので油断はできない。(ついていなければノックバックで被害は抑えれる)

避けながらでもあるので、アベンジのダメージは割りと低いのだが、それでも1500~1800*4くらい与えていたように思う。
それ以上はプリーストが死ぬので、まぁ仕方ない。ともかく、これでクリアだ!

敵を倒すと同時に、暗転する画面。
ムービーが挿入されるようだ。

いやぁ、楽しいですよね。ボス周回。
クリアフラグ建っていませんでした。舐めてるんでしょうか。

まぁコツはつかめたので、サクっといきましょう。
それにしても、赤色と白色の衝撃波があるけど、何か違いがあるんだろうか?

詠唱見てからアベンジしたら、ハードヒットが出て即死した。なんてひどい。
というか防御系スキルを使っていなかった。

戻ってみると、プリーストが死んでいた。なんたることだ。
攻撃もほどほどに盾役を支援せねば。

なんてこった。完全に荒ぶっている。
リベンジマッチだと復讐に燃えている。メイン盾が割れてしまうなんて!
くそ、プリーストがもうすぐ到着するはずだから、なんとか持ちこたえねば!

ちょっとおおおおおおお!?

どうすんだこれと逃げ回っていると、奥の奴まで出てきて、双方から衝撃波を飛ばされまくって死んだ。
全滅である。これで1勝1敗。おのれ!

最終ラウンドといこう。さっきのは事故だ、気をつければ問題ない。
ゼラチンを処理し、一匹づつ釣る。

防御スキルとアベンジを使って正面から殴っていく。自己ヒールも欠かさない。
ここまで軽減できればなんとでもなるのだ。魔法攻撃やスタンが飛んでこなくて本当によかった。

結局、中へなだれ込むことになった。物理型と魔法型のダメージ差が凄い。
しかし、安定パターンに突入した。MAGのインベストフレイムの詠唱が完了し、

魔法型が一瞬で消し飛んだ。
うーん、流石。あとは物理で殴って終わらせるだけだ。

ぶん殴りまくって

スティールで〆。
ようやく倒せた、やれやれ。

ちょくちょくやってたのですが、マスターキャンプしか出なかった。

ムービーが始まった。
命乞いをしているが、こちとらPKなんですよねぇ。

散々煽った報いは受けねばならんね、ククク。
生死は問わないってゼーム・テールのおっさんも言ってたしな!

すると、突然ディメント騎士団があらわれた。
こいつら、後をつけていやがった!
くそ、ゼーム・テールめ。最初からそういうつもりだったのか。
ここで暴れても、正義の衛兵パワーにより一撃で粉砕されてしまうので大人しくしておいた。

というわけで、ダンジョンクリアである。
すぐそばにある帰還ポールで町へ戻った。

ゼーム・テールに、ふざけんなてめえと殴りこもうとしたが、魅力的な報酬の前にどうでもよくなった。
俺はこれで+7鍛錬者の称号を得るんだ・・・!

白々しいゼーム・テール。ホクホクなので全部許します。
しかし、やはり魔法局の奴らは油断ならんな。衛兵とかいまだに徘徊しまくってるし。

根拠地て。

ともあれ、これで事件はひとまず解決。
あとは魔法局からの続報を待ちつつ、冒険者ギルドなんかの依頼もこなしていく感じかな。

その後、絶対に手伝ってくれた報酬としてそこいらをPKしてまわってきた。

無鍛錬の装備されてないアイテムなら割と取れる。
それに価値があるかはわからないが。カイトシールドでした。
流石に今時ソーゴつけてる人もいなかったな。

しかしカモというものはいるもので、朝方だからと油断していた放置狩りPTを殲滅した。
20個以上アイテムをいただいてきた。いやぁ、頑張ったご褒美ですね!

2012/04/30

※もう日記書く作業から逃げ出したいってテンションで執筆しました。画像しかありません。

2層に入ると同時に、ムービーが流れ出した。
黒幕と、その手下との会話シーンだ。

この「カルコサス」というノーム♀がどうも黒幕らしい。
しかし、なんというか、凄くアホっぽそうな感じが凄い。ノームなだけあるということだろうか。
これでも一応司祭らしいです。

ムービーが終わると、さくが杖を構えて佇んでいた。
即座に魔防装備に着替え、襲い掛かる僕。先手必勝だ。
アーレスとの挟撃で、辛くも撃退した。

その後焼かれた。
とりあえず2層は開通したということで、一度町に戻ることに。

というわけで、攻略メンバー募集を行ったら、見事に赤ネームだらけになった。
早速全滅していて、なんとも頼もしい好奇心旺盛な奴らが集まった。バカじゃねーの。

とりあえず色々探索してみることに。ちなみに、2層はアイテム集めなんかもしなければいけないが、日記では割愛してます。
このスイッチはまだ押せないので、部屋を出て、奥にある階段を降ることに。

案の定、そこいらに罠が撒き散らされている。
睡眠矢や落雷なんかが落ちまくりで、コンディションとライフ、プレイヤーの心を削りにかかってきて大変危険だ。

螺旋階段を降りて、少し進むと、もはや人間の姿ではない実験体がいた。
よく見ると血管が大変浮き出ていて気持ち悪い。スポポビッチである。

順序よくやっていかないといかんらしい。
とりあえず上からやっていった。

ふむふむ

HPの半分が消し飛び、眠りこけてしまった。
とてもつらい。とりあえず、また後から選択肢増えていくパターンなんだろうと決め付け、更に奥へと進んだ。

すると、目利き人ガウディンに反感を持っているイノヴェルチがいた。
話を聞くと、ガウディンは攫ってきた分だけじゃ実験素材が足らないと、仲間であるイノヴェルチにまで手を出しているらしい。
それでは反発も生まれて当然であり、魔法局が介入しなくても、いずれは勝手に組織は崩壊してたかもわからんな。
しかし、どっかで聞いたような構図だな。金が足らないからと、仲間であるスラム民にうんたらかんたら。気のせいだろう。

案の定、ベラは気が狂ってしまっているので、機嫌を伺いながらパスワードを引き出すことになるようだ。
何度ブレスをはくことになるんだろうか、彼は。

落雷があり、崩れ落ちそうな橋を渡る。
何度も行ったり来たりしていると、忘れたころにひかかってMindAsh!!するので注意したい。

なるほどなるほど。
燃料を持ってきたら協力してくれるらしい。
アイテムは既に有るので、そのまま渡した。

よし。パスワードを確保したぞ!
あとはスイッチを押していく作業だ。

スイッチは3つあり、各所を回っていった。
どこにあるかは、道なりに進みながら、チラっと小部屋なんかも見ておけば確認できるはず。

道中、紫ネームなんかもいた。
ぶち殺すと、?ジェムを拾った。火+2と、なんともゴミな代物だった。

というわけで、すべてのチェックをパスし、パスワードを入力した。
いざ、決戦場へ。

見当たらない。

更に奥の部屋に控えていた。
なんてわかりづらい。

ここのボスはスタチュー型の、マッドインストラクター。
攻撃キーを入力し続けていたら勝手に崩れていった。

決戦場を出て橋を渡ると、回復の泉・謎の機械・転送ポールがあった。
機械は触れてもよくわからないので、ポールで先へ進むことに。

飛んだ先にも、すぐ闇天使の像があった。
例によってパスワードである。


すぐそこの部屋にいるイノヴェルチに話を聞いてみると、大変なことになっているようだ。
なるほど奥のほうにゲルノマノヴィチとやらの名前も見えるので、そちらの様子も見てみる。

割と余裕がないらしい。
彼に死なれても困るので、じゃあ取ってこよう。
上の区画って、2層入り口のほうに登れる階段があったはず。
確か光のカーテンがかかってたが、そこが解けたのかな?

ソロ狩りをしていた通りすがりの冒険者に聞いてるPTM。
流石に1層はないんじゃないかな。

無いじゃん!予想はしていました。
多分、1層でたらふく献血したのを使うんだろうなぁ、おそらく。
とりあえず、NPCセミョーンに無かったよと報告しに戻った。

なんと彼自身で最後の1個を使ってしまっていたらしい。
ということは、彼も薬を打たれていたのだろうか。それでもこの場で職務を全うしようとするとは、泣ける。

そんな彼の頑張りを見たら、ちょっとは手伝ってやろうかとも思ったんですが、また献血しなおしですよ。
新鮮さが大事らしい。ゾンビさんも血を欲しがっているが、丁重に葬っておいた。

で、血清を調合して与えたのだけれど様子がおかしい。
流石に4人分を一度に投入はまずかったか?

あぁ、彼は、狂ってしまったのである。
量もさることながら、血液型とか、種族とか、そういったものを色々無視しすぎたかもしれない。
しかし、まだ希望はあるようで、対話療法を試みてみた。

なんとかなった。
回復したら俺も駆けつけるぞと息巻いてくれていたけど、一生そこで寝ててくれても構わない。

で、第二決戦場のボス。
大量のブラッドゼラチンがにじり寄って来た。
可愛いなぁ、などと思っていたら取り囲まれてボコボコにされたので慌てて反撃。
全然ノックバックしなくて焦ったが、ヒットストップ自体はしていたので、ひたすら殴って駆除した。

後編へつづく

2012/04/29

※徹夜明けのテンションで書いていて、クソ長くて読みづらいかもしれません。画像も多い感じです。
※パーティメンバーが随時変わっていますが気にしないでください。




なにやら物騒なことを頼んでくるゼーム・テール。
よくわからないけれども、大変なことになっているそうです。神隠しですって。

29レベルだと、既に青アイコンだった。
とはいえ、24レベルから入っても大丈夫だと思うよ、というレベルらしいので、29は適正なんだろうなぁ。

ともかく、解決してきましょうってことで、たくさんの冒険者の人と出会ったり別れたりしながら調査を進めてきました。
一部だけれど、今回はそんな日記です。

ダンジョンに入ると、早速イノヴェルチがいた。と思ったら、こちら側のスパイだった。
いよいよもって物々しいが、「目利き人」の情報を既に掴んでいるらしい。デキるなぁ。
名前は「ガウディン」と言い、趣味は合成魔獣の研究だそうです。

それだけわかれば十分、早速とっ捕まえにいこう。

中は結構入り組んでて、罠がそこら中ある上に、虫やゾンビなんかもわんさか沸いていた。

奥に進むと、実験体なんてあんまりな二つ名をつけられている人がいた。
話を聞こうとしても、どんどんゾンビが沸いてきて大変困った。

話を聞いてみると、悲劇的な人生を送っているようだった。
どうでもいい。

結構分岐路はあったけれど、大体は光のカーテンで閉ざされていたので
第一決戦場をクリアするまではほぼ一本道のようだった。
ともかくいけるところまでは、いってみよう。

罠と虫だらけの細道を通っていくと、隔離所のようなところに行き着いた。
彼はそこの監視人とのこと。話を聞くと、どうも実験体の人々は、超人的能力を有しながらも頭がクルクルパーになっているらしい。
そこいらのゾンビも、成れの果てなのかもしれないな。あの攻撃速度は超人すぎるし。シャドウダンサーもびっくりだったよ、あれは。

更に少し奥にいくと、なんというか、ダメだなって感じがした。
ドラキュラー!

名乗るだけ名乗って、たいした情報は得られなかったので、別の道を探すことに。
まだ闇天使の像を見つけてもいないよ。多分そこで進行フラグなんだろう。

たいていのダンジョンは、部屋と部屋を挟む小道は敵がこないのだが、
このダンジョンではそういう常識は通用しない。怖い。
奥には闇天使の像があり、パスワードを入力しろと問われた。知るかそんなもん!

そういえばブッチャータイプって強力なモンスターだったなと思い出したワンシーンでした。
最近のブッチャータイプは防御力大幅低下スキルを使ってくるから困る。スタン防御低下チャージアタックの3連撃である。

闇天使の像前で死んでしまったついでに、入り口まで戻ることに。
そういえばあそこにはガラクタのオブジェクトがおいてあったので、そこにパスワードのヒントがあるのかもしれないと考えた。

考えたのだが、どうも違ったようだった。
まぁガラクタは他のところでも見かけたし、入り口にはないのだろう、そういうのは。多分。

拉致された人たちからも話を聞いてみることに。
が、まるで要領を得ない。というか、会話になってない。
入り口にいる密偵の人も、そこまでは流石に知らんと言われてしまった。

PKer独特の目つきで監視員に聞いてみると、こうは言っているが、ぺらぺらと喋りだした。



お使いイベントが発生した。なんてこった。
よくわからないけれど、彼らも大変な境遇らしい。
でもなんだかラリってるように見えるのはなんでだろう?



とりあえず、どこにあるのかもわからないので、誰か知ってないかと再度聞きまわってみたら、
またまたお使いイベントが発生してしまった。これではまるで役場同然です。
荒廃する前もこんな体制だったのだろうか。そりゃあ、荒廃しますよ。

で、今度こそガラクタの出番だと睨み、見事引き当ててきました。
ちなみに、ここのガラクタの仕様は人によって当たり箇所が違うみたいです。
全4箇所あるので、攻略する人はがんばって回ってください。


頼りにならないなぁ。
やっぱりパーなんでしょうか。パー。

まったくのノーヒントで突然選択肢が現れた。
とりあえずドラキュラ絡みってことで、聖なる杭を選んでみることに。
胸を貫くって言ってましたしね。案外、鏡なんかを投げ飛ばして使うのかもしれませんけど。磨かれてますし。

ともかく、杭を手に入れ


正解した。
ようやく第一決戦場ですよ。やれやれ
さて、ここのボスはー?

クリアしました。

奥に進むとポールがあり、そこを飛んだらすぐに第二の闇天使の像があった。
楽しい楽しい聞き込み捜査が始まる。苦行のはずなんだけど、結構楽しんでやってました。

とりあえず、すぐそばにいる彼から話を聞くことに。
めっちゃペラペラ喋ってくれます。

闇天使の像はこんなかんじ。
ロサワルドで草刈をしすぎたこととは関係ないはず。

第一決戦場をクリアしたことにより、新しく開放された箇所もあるので入念にチェック。
この子、すごく可愛いので是非あっていってあげてください。あの「モー!」が僕を狂わせるんです。可愛い。

植物園について聞いてみると、

なにやら知っている様子。モリーヌて。そういえば光のカーテンに遮られて進めなかったが、
そんな名前の実験体がいた気もする。行ってみることに。

いたけれど、何も喋ってくれない。陰気な感じの娘だった。
面構えが残念で喋れもしないんじゃ、そりゃ実験体になっても仕方がないね。
冗談です。

とりあえず話を聞かないことには進まないので、各NPCに聞いて回ったら、どうもキャラ作りの一環だったらしいです。
ああ見えて、結構ハッピーな娘なのかもしれない。ともあれ、ティンカーベルを探せということなので、ガラクタ探索です。

数ヶ月前のカボチャを被っていて腐臭もなにもあったもんじゃない気もする。

帰りたくなった。

我慢して話を聞いていると、決戦場の開き方を教えてくれた。
呪われた種子と植木鉢を10個用意し、堆肥と蜂蜜酒を用意しろとのこと。
その際に使う順番は、植木鉢→堆肥→種子→蜂蜜酒だ。



とりあえず種子はあるんだけれど、他がないので、NPCにまたまた聞きまわってみることに。
植木鉢は彼女からもらえるらしい。もらえるものは何でももらう、好きなだけ持っていかせてもらおう。

 *4

一度にもらえる上限を注文したら、インベントリが大変なことになった。
10個あればいいのに俺はなんて無駄なことを。もちろん売値は0Gだった。

他の実験体にも聞いてみた。
なんで献血なのかはわからないが、新しい情報を得たのでダッシュ。
どんな情報でも縋っていきます。前に進むために。

散々迷って、やたら強い荒くれものの集団をあしらった。
おかげで僕は疲弊しているというのに、HPの半分を消費するほどの血を抜き取られた。ひどい。

そういえばドラキュラの人がこんなことを言っていたけれど、
焼却炉なんてあったかなーと思ってたら

献血機のすぐそこの、ここだったようです。
焼却炉に見えなさ過ぎて気づかなかった。

焼却炉ってこんなんなのなー、知らなかった。

ともあれ、材料がすべて揃ったので挑戦。
投入する順序を間違えたら、はじめからやり直しらしい。
慎重に進めよう。



くだらない会話をしながらも、無事作業を終えた。
ねじくれても仕方ないかなといった感じはした。

あれだけ頑張って育てた植物を自分で刈り取る羽目になるとは。
いや、間違ってはいないんだけど、WizardryOnlineの栽培システムはどこか狂ってる気がする。

第二決戦場をクリアし、奥に進む。
黄昏時のような、それでいてすごい眩しさだ。奥にある光のカーテンがでかすぎる。

闇天使の像自体は、すぐそこにあったのだが、これです。
NPC周りが始まる。あぁ、楽しい。



新たに開放された部屋に立ち寄ると、突然キレられた。
なんなんだいったい。

向かいの部屋にいるモリーヌに聞いてみたら、どうも会話の選択肢の順番を守らないといけないらしい。
が、どう組み合わせても進まない。こりゃいかんということで更に聞き込みを進める。

ふむ。

ふむふむ。

なるほど。

ちょっと待てよ!


かなり訳のわからないことばかり喋っていた彼ですが、ここの部分だけはやけにハッキリ喋るのがむしろ狂気だった。
チーズケーキキチガイの末路。

また、入り口のすぐ右にあった部屋の光のカーテンも解けていた。
彼の台詞は何パターンかの組み合わせをランダムに出しているようなので、
割と酷いことになったりしてて楽しいです。後ろからMobに殺されます。

で、何を言い出すのかと思ったら

やっぱり実験体の言うことは違った。
ともかく、これで全NPCは回ったことになる。

再度レベッカに話しかけると、選択肢が増えていた。
とりあえず、それらしいのから選んでいく。

俺は限界だった。

いろいろと堪えながらもパスワードを獲得した。
やれやれ、それでは切り開いていきましょうか。

パスワード探しはソロでマラソンしていたので、決戦場は手伝ってもらうことに。
僕と彼、ファイター二人で頑張る。素晴らしい人望です!

というわけでやってきました。
奇しくも、ほとんどファイター二人という構成でいままでやってきました。結構な人数と組んだ筈なんですが。

アーレスがなんとも頼もしい発言をしてくれている。
じゃあいってみるかとパスワードを入力。チーズケーキでもいけるのかは・・・わからない。
いや、ダメだろうな。あのチーズケーキキチガイの言うことだ。

ここのボスは、まさかのレッサーデーモン型、カニバルデーモン。
マジックショットとファイアアローを繰り出してくる、クリュエルの次に弱いと思われるレッサーデーモン型である(筆者体感)。
取り巻きのコボルトを殺し、二人で殴っては離脱し、殴ってはヒールを繰り返し

退治完了。
このくらいの難易度の敵は戦ってて楽しいな。

つづく。
この日記を書いている段階でまだ2層到達しただけなので、明日までにクリアできるかどうか。果たして。

おまけ

献血アベンジ!9999でカンスト!残念。

2012/04/23


キャラスロ拡張見てから課金余裕でした。
ディメント褒章もついでにお布施した。
これで対人キャラが作れると喜んだのもつかの間、そういえばSR16にならないと作れないということを思い出して僕は死んでしまいました。
新しいダンジョンは、例によって週末の方向で。

なんかいろいろ追加アイテムもあるみたいで、いやぁ、SR8装備育てなくてよかった。

新キャラお披露目はまた今度で。

いつの間にか称号コンテストに検索機能がついていたようなので、
じゃあちょっと様子を見てみようかと思ったら何これお前ら?

2012/04/22

ひたすらコボルトをまわしながら、セーコム売りますと全チャで垂れ流しつつ、
水ジェム+5を買い求める作業に1日を費やした結果

MAGのレベルが24となり(MAGのステータスアップとは思えない)



セコムも順調に売れ

水ジェム+5も13.6個集まって

ついでにソウルランクも14に上がった。



とうとう観念してユニオン”下町一丁目掃き溜め荘」”にJoinした。
まずはお試しで1キャラ。前々から勧誘されていただけあって、熱烈な歓迎を受けた。なんなんだこいつら。

シドさんへ

俺が甘かった



9割方爆発すると思います

2012/04/21

巷ではチーズケーキの毒が弱まって、ウィークネスブレイムとアベンジが終わったと嘆いてる人たちがいるらしいけど、僕はどこ吹く風です。
まだまだどちらも強いスキルなので安心してほしい。チーズケーキも毒の成分が抜けて、その分おいしくなったってね。
しばらく倉庫に置いとくけど、もともと腐ってるから大丈夫。一部のスラム襲撃勢の火力が極端に落ちてたけど、気のせいだろう。

それはそれとして、FIGのレベルが29になったところで、いったん育成を中断することに。
新Dの適正はどうも24だか、そのあたりのようなので、適正±5内に収めておこうってね。
しかし、いくら強いメンバーがいるといっても、PKしながらの狩りは効率悪すぎだって!

みんなレべリングのしすぎて気が触れている感はある。
やろうぜって声が出てしまったら本当にやりたいなぁ、フフフ。

というわけで、今は当てもなくMAGを育てています。
なんで育ててるのかわかりませんが、とりあえず育てています。
キャラ枠はやく増えないかな。ポークルMAGとエルフFIG作りたいよ。

誰かMAG装備一式ください。水+5ジェムもください。


新しい商売始めました。
詐欺ではなく、商売です。
勘違いされがちですが、何時如何なる時でも詐欺っていこうなんて迷惑なスタイルではないのです、僕は。

というわけで、セーコムの護符が欲しい方は僕までメールすればいいと思います。
7日・14日・30日いけます。30日は200kです。

課金アイテムを売りつけるのはRMTだ、と言う声も出るかもしれませんが、実はお墨付きです。

取引実績あります!

在庫には限りがあるのでお買い求めはお早めに。

2012/04/16

Q.またPK日記ですか?
A.またPK日記です。

僕PK日記ってあんま好きじゃないんですよね。書くこと薄いですし、筆者視点だとどうしても偏っちゃうし。
○kill ○dead ○戦果みたいな淡々としたものもどうも。元々チラシの裏的な日記ですが、これでは自由帳の落書きになってしまう。

でも頑張って書きますよ。それしかやってないので、それしか書くことが無いのだから。
以下どのPK可ゲームのブログにもよくある日記。

というわけで、今日も絶対領域と、スラム10chにいる人を適当に連れてPKに出向いた。
違う。連れられて、PKに出向いた。俺は草刈をしたい。本当に。心底。
しかし、本格的にPKし始めてわかったけど、案外本当に盗めるもんだなと。

殺しては漁り、漁っては爆発する。
ソーゴ警備アイテムは本当に素晴らしいアイテムだと思う。
Poorを引いた数より、当たりアイテムを引いた数のほうが多いです、僕。

ロサワルド1層入り口は、最初の像と帰還ポールが離れているため悲しい事件がよく起きる。

PK開始早々から、いい具合に盗れてる。
像前PKにメリットないなんて、白ネの流したデマゴーグだった。

顔見知りのユニオン、それにPTみんなが赤い。
こういうメンツが、ソーゴをしているとは思えないし、継続して殺し続け、蔵落ちを狙えるかといえばNOであり、
PKをするメリットは薄いのだが、それでもやってやるのがPKPTってもんだと思うんです。

1度目は奇襲アベンジで倒せましたが、2度目はスタンスマッシュからのアベンジでぼこられました。聞いてないよ!帰る!


リーディンスルー時代から魔王と呼ばれているセイラムさん。ソロで草刈をしていました。
彼を殺せば、僕は大魔王を名乗れるのではないか。PTMは及び腰だが、僕はそう甘くない。

 

今から帰るってのに殺すのも可哀想なので、見逃してやった。

サクサク殺しまわっていると、白鷹が二人ほどいた。

案の定、沸きまくった。。
キャンプ3回分くらい戦っていましたが、誰もソーゴをつけてないのを確認できたので帰ることに。
こちらの帰る気配を察知してか、向こうの援軍も帰るそうで。互いにいい勝負だったと健闘を称えあった。

1層へ戻るポールに触れる隙をついて彼らを殺害し、気分よく帰った。
大事ですよね、スポーツマンシップ。

—-

今日のPKは、最初から時間を決めていました。
絶対領域に任せていると、一日中PK三昧になってしまい、
それでは草が狩れずに僕のレベルが停滞して死んでしまうからである。

というわけで、ここからは普通に草刈日記。のはずが・・・。

みゅみゅたんが暗殺狩りの美味しさを教えてくれたお蔭で、大変はかどりました。

暗殺クエを受け、草を3匹狩り、暗殺2匹狩り、草をまた3匹狩ったと同時に暗殺がRepopする。
クエをこなしたら町に戻りch変更。狩場に誰かがいたらPKして草刈を開始。誰も不幸にならない、完璧な周回でした。

僕のPKするぞという気概は既に失せていましたが、狩場に人がいたら殺すのは別にPKでもなんでもなく、
外出するのに靴を履く、というのと同レベルの事柄でした。それにこういうのってモチベーション維持に一役買うんですよ。

そんな周回をしている折、またもソーゴが爆発した。
しかしTHIが持っていた斧で爆発したので、これはPoorかなぁ。

アクセなんかもたくさんあり、とりあえずダミーだろうけど爆発させてしまおう、ってことで
PKする気がなくとも、PKモードのスイッチが簡単にONに入ってしまうのが僕の悪いところだと思う。草刈したいのに。

何かこちらに向けて喋っていたが、容赦せずに殺し続けた。
元ナイトカイトのユニオン「えんとらんす」か「千本桜」の後継であろうユニオンに容赦なんて必要ないのである。
僕、4chスラム民苦手です。

PKモードのスイッチが入った状態の僕は、比較的ドライです。
伊達に指示厨の名を欲していない。遊びじゃねえんだよ!

先住民PTを追っ払い、草刈を開始すると

10chスラム民からWISが入った。曰く、俺が+7フォセ(片手剣)盗ったとか。
おかしいな、片手剣なんか盗んで無いぞ。
そもそも+7だったらおおはしゃぎしてるし。

僕の4ch民ヘイトも中々のものだった。なぜなら過去に4chスラムから喧嘩を売られていたのです、実は。

で、実際のところ+7フォセを俺が盗んだのかというと、へびぃが間違っていたようで、フォセではなかった。
じゃあなんやねんと街に戻った。とりあえず+7らしいし、奪い返されるのもたまらないからね。
ソーゴ警備でルートしたアイテムは、呪われてることもあるから基本的に装備鑑定はしないのだ。

で、鑑定してみるとハチェットでした。あぁなるほど、さっき爆発した斧ですねー。

うっひょおおおおぉぉぉぉぉぉやったぁ!ざまあみろ!+7斧にソーゴつけるバカがいるか!ヒャッホーイ。
ちなみに神速ダブルリングも爆発していました。

そっか、両手斧だと思って、THIが両手斧はないわーとPoor扱いしてたけど、?斧だもんな。片手斧だったか。
悪魔のバトルアクスとか警戒してましたハッハッハ。イエーイ。ざまぁ。

アイテムを倉庫に預け、意気揚々と草刈に戻ると、返してくださいと先ほどのPTが交渉に来ていた。
さーち&ですとろいからは、僕と顔見知りでもあるQiqirnが仲裁なのか、はたまた殺して奪い返すつもりだったのか、一緒に来ていた。

正直、Qiqirn単体でも現状の僕が勝てる要素は、アベンジ奇襲のみしかなく、それ以外のシチュエーションだと、まず間違いなく殺される。
武闘派集団である4chスラム民は基本的に、僕より強いのだ。そんな彼らに対しての、僕のとる態度ははじめから決まっていた。

僕は悪くない。

必死に土下座をしている二人に、とりあえず値段はいくらか聞いて見た。
僕はアイテムの相場というものを知らないのです。

PTMがなんとか穏便に済ませたい空気を出していたので、良心的な価格設定を出した。
新アイテム「レナアックス」が出る前は5Mくらいだったとか。

「金があるなら、いくら出せるか」と聞いたところ


時間の無駄だった。
後ろでどうしたものかと悩む彼らを放っておいて草刈を再開した。

遅れて、さーち&ですとろいのユニマスであるポーさんがやってきた。
普段、僕はスラム10chにいるから、外部からは僕もスラム10ch民と認識されているようです。間違っては無いか。
しかし、協定だなんだなんて、ややこしくなる元だと僕は思うけどなぁ。大変ですね、ユニオン経営の人達も、と他人事のように思う。
大体、僕はそんな話を聞いていないから、関係ないのだ。

聞き流しながら草刈をしていると、あちら側のPTMであるイザナミさんからWISが来た。
どうも4M出してもらえるそうで、それならばと応じる僕。新Dが控えてる今、SR7武器のハチェットなんかはさっさと金に替えておくべきと判断した。

結局、さーち&ですとろいユニマスのポーさんに買い取ってもらった。
同時に、「ちょっと確認したいことがあるんだけれど」とポーさん。

話の内容は長ったらしいので要約すると

「まっちはウチのユニメンを殺して回ってるの?」
「4chと10chて協定じゃないの?」
「(こちらのPTMの)ユニオンの方針どうなってんの?」

といったもの。

これに対して僕は

「今回の被害者がたまたま彼だっただけです」
「僕は存じていませんが、個人的にはうんこをお召し上がりになっていただきたい。」
「僕の知るところではないので、スラム10chの各ユニマスに聞いていってください」

と回答。

気がつくと、大量のさーち&ですとろいがいた。
しかし、ユニオンや個人をその場所にいるというだけでひとつの集団と見るなんて。
宗教か何かと勘違いしているのではないのだろうか。

話は以上のようなので、草刈を再開することに。
が、話が長引いてしまい、PTMみんな休憩モードに入ってしまっていた。
僕もすっかり毒気が抜けました。周りでは決闘をしていたり歓談をしていたりと、あぁ、スラムだなって感じがします。


ともかく草刈がしたいのだがメンツが足りないので、彼を誘ってみた。
PKモードのスイッチがOFFになった僕は温厚で人懐っこいです。
世間一般では気狂いとも言うらしいです。どんな神経してんだと疑われても仕方ない言動をしたそうです、僕。

それで実際、草刈にいっちゃうんだから彼らも大概だなって感じはする。

このとき、色々と話を聞いたりして、今の4chスラムには僕に喧嘩を売った張本人がおらず、
また、少し方針も変わっているということなので、僕の4chヘイトは大分薄れ、考えを改めないとなぁと反省しました。

しかし、今度は逆に向こうが僕にヘイトを溜めてしまったかもしれないなぁ。
仲良くありたいものです。ほんと。平和が一番。それが駄目なら殺し合おう。

—-おまけ

ソーゴチェックとは:
PKをした相手の上でひたすらスクワットする行為のこと。
※通常のスクワットより、多分早いと思います。ルート即キャンセル、ルート即キャンセル。

ただしこれは、蔵落ちルートコンボの始動が遅れてしまう諸刃の剣。素人にはお勧めできない。

はずれ枠のソーゴからのルートアイテム。
ソーゴはPoorではなく、よくわからんものにつけられる傾向があるようです。
いずれもソケなしだった。

彼が真の黒幕でした。
やっぱり僕は悪くない。

なんとなくスラムのいろんなchをぶらぶらしていると、
10chスラムで放置している人を狙う不届き者がいた。

とりあえず殺すだけ殺して、何の話してたのと聞いてみたら

RMTを誘われた。
春になると頭のおかしい人が増えるなぁ。

2012/04/15

※画像から雰囲気を感じてくれればいいと思います。


PKはもう疲れたよ、のんびり草でも狩ってレベル上げしようやと提案。
今度は絶対が「しゃーねーな」と折れる。夢幻D攻略とはなんだったのか。

2つに分けたからダンジョン攻略だと思ったら大間違いなんだよ!

というわけで草刈をしていると、絶対が突然興奮しだした。
誰かが横切ったのか、暗殺者が殴りかかってきていたのだ。
一瞬、PT崩壊しかけた。びっくり。

絶対:MPKとかふざけんな!
俺:誰かいたのか
野良:今誰かポールでワープしていったね

ARIEL:ごめんなさい><
絶対:謝られた・・・
俺:名前覚えたわ
ARIEL:ほんとにごめんなさい!

シャウトなんて無視すればいいものを、わざわざ律儀に謝ってきた。
ごめんなさいができる人は好印象だな、気にしなくていいよという旨の発言をしたら、またも謝られた。

どうも、大分気にしているらしいので、お金で手を打ってスッキリさせることに。
3万ゴールドで水に流すよと僕。

絶対さんは本当にタチの悪いキチガイだなぁ。
何考えてんでしょうか。

気を取り直して草刈を続行していると

絶対:おいおい 100k届いた
俺  :30kは俺の分な
絶対:当たり屋始めるわ

まさか本当に届くとは。冗談だと思ってたのに。
うわー、これはちょっと名前覚えたよ。

とかいってると、本当に俺のほうにもメールが送られてきた。マジか。落ち着け。
しかも見られていた。恥ずかしい。それにしたって30kってどういうことですか?絶対さんは100kですよ?追加の70kを希望します!

PTMにもドン引きされた。

更に草刈を続行していると、死体が落ちていた。漁って見たら、ソーゴ警備が発動して死んだ。
本来はガッカリするところだが、前の日記の最初に書いたように、誤った使い方をしている人もチラホラいるので、期待してしまう。

よくわからない短剣だった。鋭利パラライズダガーかな?
どっちにしろ鍛錬はされてなさそうだった。ゴミっぽそう。
というか盗った相手、キチガイユニオンで有名な、通称「白鷹」のメンバーだった。

PT参加申請が飛んできたが、奴の背後にもう一人、同ユニオン所属の「みゅみゅたん」の姿が見えた。
あぁ、PKKする気満々だなと察知し、申請を蹴り飛ばし、盗んだものは返さんと一旦町へ戻った。
ちなみに、輝宝の短剣でした。なんでこんなものに?

みゅみゅたんは何をトチ狂ったのか、草刈中の僕らのPTに対して、
暗殺者を次々とそそのかしてMPKを仕掛けてきた。
おかげで死人がでるハメに。

鬱陶しいなぁと思っているところに、高威力のクエイクを扱えるMAGがPTにやってきた。
曰く、楽しそうだったから、とのこと。書いていませんが、割と汚い全チャやシャウトが飛んでいました。

また、みゅみゅたん自身の戦闘力も中々バカにできないもので、背後を取られたらMAGなんかは即死する。
PKvsPKK(MPK)vs草・暗殺者という訳の分からない三つ巴が展開されていた。
普段目にかかることもないであろう白ネームにとっては、一種のイベントのように見えたか。

訳:次みゅみゅたんが来たら確実に殺せ、?ジェム破片持ってるの確認したからルートできるかもしれないぞ

そうこうしながら、殺してすぐに死体を漁っていたら、よさそうなものが。
これは盗まざるを得ないね。装備品でもないし、多分盗れるかな?像が超近いけど。

頭をガッチリとホールドし、ルートを試みるも、45%くらいで復活された。
これはTHIでもルートは難しそうだなぁ。

それにしたって楽しい。

ひたすら念じる。
彼が死んでばっかりいるシーンですが、結構こちら側にも被害は出ています。
落ち着いてSS撮れる余裕を持ちたい。PCスペック的な。

MAGやPRIなんかは、うまいこと立ち回れば殺せるみゅみゅたんでも、流石にファイターはしんどいようで、
腐ったチーズケーキとウィークネスブレイムを利用した毒攻撃や、高火力のハイドアタックなんかをしてきたが、殺しきるには至らない。

暗殺者の援護射撃があった場合はこちらがやられていたが、そうでなければ大抵、こちらのカウンターアベンジの餌食となっていた。
任意でダメージチャージが切れるので、毒ブレイムやハイドアタックしたのを見てから、反撃に移れる。やっぱり便利で強いスキルだと思う。

こんなに暗殺者が草刈場にやってくるなら、むしろ美味しいのではないかと気づき始めた僕ら。
暗殺者は周回クエストがあるし、レアドロップも追加されている。引き当てれば一攫千金である。
あれ?もしかして彼らは仮を手伝ってくれていた?なーんて。

それにしても、この人が死ぬたびに死体を漁っていたんだけど、毎回僕も爆死する。
肝心な装備はしっかりとセコムなり対策をし、どうでもいい装備にはソーゴをつけていたようである。
しかしPoorにつけずに、半端なソケのSR5~7装備につけるというのも、よくわからない話だなぁ。

何か色々言いたげだったが、話を聞かずに叩ききっておいた。
こういうのは耳を貸すものではない。


ものすごく背徳的な感じがする。
レイプなんてもんじゃないですよ、これは!


nanami:呼ばれてきたのに(PKしてくるなんて)絶対領域さんとはPT組みたくないです
俺:絶対この人呼んでたの
絶対:知らんよ

まぁ朝4時だしなと納得しながら草刈に戻った。
気が触れても仕方のない魔性の時間帯である。
さっさと暗殺者、持ってきてくださいよね。

MPKに失敗して、つれてくる前に死んだりしていたので、こちらから出向くことに。
草3匹を倒してから、すぐに暗殺者2匹を倒し、また草へ戻る。

この狩り方、普通に美味しいです。流行るかもわからんね。
今回は何も出ませんでしたが、この狩り方を続けていればなにかしら出ると思います。

そうして、暗殺者の美味しさに気づき、狩りの妨害をするどころか、狩りの手伝いをしていたと察したようで、彼らは帰って行った。

赤プリは貴重だからと重用しているけれど、やっぱりこの人キチガイだよ!

結局、戦果はこれだけだったけれど、
EXP美味しいし、(変なものとはいえ)PKやルートもできたし、何より楽しかった。

結局、?ジェム破片は盗めなかったけれど、暗殺者クエはしっかりとこなさせてもらいました。

気づいたら、買い戻されていた。
またよろしくお願いします。

PK日記な感じでよろしくとリクエストがあったので、頑張って書いてみました。
こんな感じでよろしいでしょうか、DH-RP さくさん。

2012/04/15

※画像から雰囲気を感じてくれればいいと思います。

というわけで、週末なので新ダンジョン!
夢幻の試練場へ行ってきましょう元気よく!

なんて思ってたら、ログインと同時にPKのお誘いに。
彼、夢幻Dで随分と美味しいPKルートを成功させていたようで、こりゃ波に乗っかるしかないかなと承諾。
PKしながら初見攻略を敢行する強襲型スラムPTです。


そういうわけで、草刈PTを襲撃する。
全く、飽きない奴だな!ついたころには終わっていた。

こんなメッセージも、始めて見たな。

最近、ソーゴ警備アイテムの使い方がわかってない人が多いらしく、
メイン装備にも平気でつけている人がいて、それで彼も大儲けしていたようなので、僕もあやかろうと。
そんな人、中々見つからないんですけどね。レアハントと同じですね。地道にPTを潰していく作業。
意味のないPKなんてなかった。

また、こうやって蔵落ちルートまで発展することもある。
像前といえど、PTを全滅させてしまえば、盗み出す時間は十分にあるのだ。

PKK側が集まりすぎたりもした。

吼える絶対。
僕そういう発言は好ましくないと思うなぁ。

徹底抗戦の構えな相手だと、こういうこともあるもので。

像前PKでも、盗れる時は盗れるもんです。
蔵落ちを期待してPKするってのも、なんだかアレな話ですけど、ルートできればなんでもいいんです。

奥で狩りをしているPTを殺してから、落ちている宝箱を勝手に開いてみたら、?ジェムの破片が出てきた。

相手が悔しがる姿が見れないのは問題ですが、こういう横取りも嫌いじゃないです。

舐めたポージングで舐めた要求を出す絶対をあしらいながら、
そろそろ飽きたので、夢幻Dに行くことに。


メッセージのSS取るのに夢中でした。
SSを見返したら、衛兵がじわじわこっちに寄ってきていた。
慌ててキャラクターチェンジで対応しようとするも、間に合わなかった(ステルスはCT中)。

借りはキッチリ返しておいた。
HP1250を突破することにより、アベンジ7があれば1アベンジ1衛兵です。
これでまた、僕に賞金をかけることができるようになりますよ。やったね!次はドス黒オーラで紫維持したい。

夢幻Dの2-2にて。それまでは割愛。
記事にしづらいよこのダンジョン!

とりあえず、敵を倒して欠片を集めて、次の部屋へGO!を繰り返すダンジョンのようです。
ここでPKしたら大体のものはルート成功するらしいですよ。

なかなか強いと噂の魔法使いゴグール。
ヒールサークルが鬱陶しいが、放たれるFAやマジックミサイルはダメージが1やら5とか6。
なんだ雑魚そのものじゃないか、と余裕をこいていたら、睡眠矢を喰らった。

睡眠矢を喰らったと同時に、ズールが岩盤を投げまくってきて、ゴグールの大群が魔法を一斉にぶち込んできて絶命した。
うはー、油断した。死んだらその階層は1からやり直しとなる。欠片はまだ残ってはいるものの、PTMのやる気が残っていなかった。

つづく

2012/04/14

アップデートで、新ダンジョンが実装されました。
また、公式の告知には載っていませんでしたが、フライングファイターがこっそり修正されていました。
おかげでスラムの民からは、「ブログなんかに載せるから」と罵られましたが、僕はバグが直ってよかったなと思います。

それはそれとして新ダンジョンですが、週末までそこには行かないことに。いつもどおりです。

で、ついでにイベント効果で、常時アイテムドロップ率20%上昇という恩恵が付与されてるにも関わらず
草刈ばっかりするのもどうかな、ってことでレアハントしてきましたよ。僕らしくもなく。

討伐対象は上にある画像の敵。ガーゴイルです。
このガーゴイルは只者ではなく、推奨レベル50のダンジョン「アッザームの試練場」にいるモンスター。
通常の攻撃では「1」しかダメージが与えられない。また、Lv28のDEF460で一撃800ダメージくらい、こちらに当ててくる。

普通なら討伐対象にはなりえないモンスターであり、だからこそ何かとんでもないアイテムを持っているのではないのかと。
僕は睨みましたね、えぇ。

というわけで、1時間半ほど、ひたすらアベンジをしてはチーズを貪り、殴りかかっては死に際にスティールをするという、
押しかけ強盗のような人生を送っていました。その甲斐あって、ようやく倒せそう。一発2500ダメージ与えるアベンジでこんなに時間かかるとは。

どうせだからということで、倉庫の肥やしとなっていた、1個しかないラッキーコインも投入。
スキルのドロップアップ7とイベントドロップアップ効果、そしてラッキーコインのドロップアップの三重奏。
これでいいものが出なかったら嘘だね!スティールの使用ログで、なにかしらアイテムを持っているのは確認済みだ。
ちなみに、レベル差がありすぎるのか、全くスティールは成功しませんでした。

倒した!!
何が出るかな?
?欠片なんてオチは辞めていただきたい!

やった!ゴールドが大量に手に入った!
合計で1万ゴールド近いですよ!1万!
気になるEXPは!?

もらえるEXPも1万ですよ!なんなんですかこれ!
そもそもEXP美味かったり良いもの出るなら、もっと誰かやってるでしょ!

大体SR8装備ですら、アッザームより後のダンジョンで初出現なのに、
こんなところから良いものなんて期待できるわけもないじゃないですか!

その後、良ソケガーディアンソードがふと欲しくなったので、竜眼デプスへ向かった。
ラッキーコインの効果が続いてる間に回しきろう。

あんなにタフネスだったクリュエルも、残念な闇天使と化していた。
ドロップは2300Goldでした。Lv差が流石にありすぎたかな。

称号コンテストなるものを公式でやっているようで、賞品が中々豪華。
僕も参加しておいたので、よろしければ「イイネ」をぶち込んでくれると凄くイイネ。
「No.2591」です。

あと、ざーっと見た感じ、No747とか「それシステム追加じゃね?」って感のがあるけど、
僕好みなのがチラホラあったので、こういうのは追加してほしいなと思います。

アーカイブARCHIVE

ウィザードリィ オンライン・攻略ブログ