2012/8

2012/08/31

 
最近の僕はというと、やれレベリングだ、やれ金策だとプリーストで円卓2層を駆けずり回っており、
こんなことでは世間から「モンスターを倒すことで贖罪としている」「奴は漂白しようとしている」と勘違いされそうな僕ですが、

やることはちゃんとやっています。どんなときでも刑期MAXです。
ルート能力がシーフの次に高いという如何にも聖職者らしい職業補正を発揮しています。

攻撃能力が皆無のプリでも虐げられているモンスターに加勢すればなんとかなるもので、

安置から攻撃しているMAGなどはスタンスマッシュからのパンチラッシュで大体モンスターが沈めてくれる。
そんな具合でカルマの維持はしっかりとしています。

そういえば誰かこのダンジョンで待っている気がするけど、なんだったかな。
確か幽霊だか亡霊だかだった気がするけど、御盆も終わったしもういないだろう多分。

野良でPT組む分には平和なのですが、スラムでPTを組もうものなら途端に胡散臭い雰囲気が流れてくる。
血とEXPに飢えた悪鬼共はもはや見境無く人を襲い、虫を助けたと思えば虐殺していくのだ。

とはいえ共通の知り合い同士ならと手を休め和やかに挨拶を交し合う面々であったが、
僕の攻撃命令ひとつでアイスピラーを唱え始める絶対領域にはまいったね。ちょっと暴れん坊すぎるね。

時にはソーゴが爆発に爆発を重ねたり、

闇のお仕事を受注したり、

Mobドロップを横取りしようとしたり、

おっと

ついでにルートも狙ってみたりしながら、

PTMを死なせる日々を過ごしています。

そんな僕ですが今日も明日も明後日も虫狩りを募集します。
赤白不問です。代行鍛錬の募集と仕事の依頼も受け付けております。

2012/08/28

 
近況

僕は元気です。
目標レベルであった30も間近ですが、PRIの新スキル「リジェネレーション」が気になる。
これの性能次第では、32までレベル上げをするかもしれません。
病気になりそうです。虫狩りによる蔓延する疫病です。虫狩りを募集します。

攻撃魔法持っていないPRIとか虫狩りに必要ないよと言わんばかりの募集がそこかしこに乱立している。

それでも話せばなんとかなったりするもので。
PTを組むだけで一喜一憂できる素晴らしいゲーム、それがWizardryOnlineだ。
両手鈍器は範囲!範囲です!セーフ!セーフだ!赤×は×でお願いします。


残った羽毛石を消化。
2列目までぎっしり!わーい!

アッザームはもう鍵売り安定だなって痛感しました。
100個単位で開けないと駄目なようです。
思ったよりもキチガイ用コンテンツでした。甘く見てた。


僕はよくこういう全チャ取引の募集に対して、嫌がらせの如く募集を被せることをよくするのですが、
これは決して嫌がらせが目的ではないのです。もちろん対象のアイテムが欲しいわけでもないのだけれど。

何故か褒められたり

何故か先送りを申し出る人が出てきたりする。
そうそうこういうのを待ってるんですよ僕は、ヘヘヘ。

クソが。


手に入れました。
代行鍛錬を募集します。

FIG専用鎧なのでPRIでは使えない。
早く転職したい。虫狩りを募集します。

2012/08/21

 
というわけで、BP38の内訳はSTR.VIT.INTを鉄板10振り、
そしてDEXと迷ったがPIEに8振りした。というのも、DEX装備を手に入れたときにちょろちょろと検証してみたものの
やはりFIGにDEXはあまり恩恵が無いので、それならばミドルヒール+セルフヒールを使うGeniusにとってはPIEのほうがいいなと。
魔法防御にも一応関係するようなので、対人FIGとしてはこれで正しいと思う。

さて、巷では「アイスソードって誰が落とすの?」という問いに、
「まっち」「しかも+7」という恐ろしい会話がそこかしこで流れてるという噂を耳にした。

なんてこった、あいつら仮に俺が犯罪者じゃなくても絶対襲ってくるよ。
アイスソードだから許されるとか思ってやがるんだ。悪意を隠した無邪気な欲望で僕を殺して奪い取ろうとしてくるんだ。

だからPRIの間くらいは倉庫に預けておけばいいものを、ノコノコ持ち歩いてるんだから世話が無い。
倉庫がいっぱいだから仕方ないね。装備一式どころか3式分くらい持ち歩いてるけど倉庫いっぱいだから仕方ないね。
今の僕はご覧の通り吹けば倒れるボーナスキャラクターと化してるので、
僕に怨みがあったり不幸にあってほしいという人は襲ってみるといいんじゃないかな。
まぁ殺されるつもりはさらさらありませんけどね。お前ら程度に殺される僕じゃないんですよ。

ヴォージ周回を募集します。

それはそうとして、例のイベントスフィアから出てきた羽毛石ですが、
売ろうと思ったのだけれどソケット移植アイテムが必要になったので掘りに行ってみました。
アッザームの箱から出てくると聞いたのだけれど、ジェムしか見当たらないどころか、何も入ってなかった。

まぁ10数個もあれば1つくらい出るだろうと軽い気持ちで通っていると、

赤箱から大量のジェムが。目的のアイテムは無かったが、こりゃ大当たりじゃないの。
流石はアッザーム、宝の山だ。鍵1つで250kするだけある。

前言撤回、とんでもないゴミ箱ダンジョンでした。
新アイテムがアッザームに投入されたので、はずれ枠も増えたのか、単純にリアルラックが足りないのか。
多分後者なんだろうな。ここんところラッキーが続いてたし。

2012/08/18

 

ログイン早々にPKのお誘い。
最近はレベリングに躍起になっててさっぱりやってなかったな。
スラムPvPはそこそこやってるけれど。たまにはいってみるのも悪くない。

というわけで、早速獲物を探す。
たまには紳士的に接してみる。強力な武器を手に入れ僕は天狗です。

次だ。

場所を変えて呼びかけていく。

なんだか大変そうだったので、何もせず引き返した。

そんな感じでPKしても大丈夫かと聞いて回ったところ、誰一人これをよしとしなかった。
やはり話し合いとはクソ食らえな世界だと痛感した。

そんなことを繰り返していると、とうとうLv33になってしまった。
なまじステータスの上がり具合がいいだけに、転職を悩ませるが、この時既に腹は決まっていた。

BPOである。転職します。ハイドアタックをかなぐり捨てます。
この選択が間違ってるかどうかは後の僕に判断してもらおう。ああ、Mob狩りがさらに捗らない。

とりあえず20↑が出れば満足はしないが妥協するのだが、長丁場になりそうだ。
嘲笑うかのごとく、BP1が出た。

舌打ちしていると、目の前で初心者マークがとれたので洗礼を浴びせておいた。
建物の影になってるから衛兵にも気づかれることもあるまい。

そうやって3,4時間ほどBPOに費やすと

出るんだよなぁ、なかなかの数値のが。

2012/08/15

 
1.

虫狩りが修正されたといってもやりようはあるわけで、
元々この場所でメイジがやることなくなるだけでFFTPなんかの構成なら全然いけるねと。
そういうわけで相変わらず虫は美味しかったのです。ボッチ姫?誰でしたっけ?

レアモンスターのゴールドインゴットなんかも、ここには沸く。
1匹につき250kほどのGoldを落とし、これまでに4回ほど見かけている。とても美味しい存在です。

最近は通称「1.5層」と呼ばれる虫ポイントが流行りなようなので、そちらにも顔を出す。
紫モンスターが沸こうとハメ撃ちできてしまう。まったくおいしい狩場です。

おいしすぎてSRが上がった。
特に恩恵といえるほどの恩恵もないのだが、上がるのはいいことだ。
SR18になると継承レベルの増加と、マテリアルの速度上昇をできるようになる。
が、まぁ急ぐとしんどいので、ソウルランクのことは暫く忘れておく。


2.

数時間かけて封印しまくってきました。
本当に疲れる作業で、もう二度とやりたくない。
もう二度とやりたくないコンテンツの多いゲームだな、まったく。

数ある壷の中から炎の灯っているものから封印していくのだが、中にはダミーなんかもある。
ある程度パターン化されてるとはいえ、面倒には違いなかった。

なんとか集め終え、スフィアに変換することができた。
アバターがでる黄色スフィアを54個。これだけあれば十分だろう。
知人曰く30個もあれば十分と。中には2個で出した人もいれば、20個中半分近くアバターだという人も。
そして、100個近くあけてなお出ない人もいれば、60個あけてなんとか1つという人も。あぁ、怖い。
僕はめっぽうギャンブル運が悪いのだ。あけるのが本当に怖い。出なかったらまたあの苦行が待っているからだ。

それでもあけなければ話にならないので、一息にあけた。
ディメントアイス数種類やら、ロイヤル鍛錬石(Lv1.5相当のゴミ)やら、手持ち花火なんかが出た。

中には、青スフィアから赤スフィアなんかが出たりした。
同じ調子で黄スフィアも出てくれればありがたいのだが・・・。

そして黄色スフィアに手を出す。
溢れ出るアイスやら花火やら。最近めっぽう相場が高くなってきている羽毛石なんかも出てきた。
課金アイテムなんかも出るらしいが、それらの姿は見えていない。やはりレア運が悪いのか・・・?

なんて思ってると、約30個目で、

出た。


3.

アイスソードもいつまでも+0のままじゃ宝の持ち腐れもいいところなので、
代行鍛錬してくれそうな人を探していました。できれば鍛錬運もありそうな人。
強化保護石なんかは課金アイテムなので、自分で叩こうとすると、当然これらに手を出さないといけないからです。
ディメント褒章をお布施にしているとはいえ、これらに手を出すつもりはない。

手を出さないなら、手を出してる誰かにやってもらいましょう。
+7まで鍛錬をお願いしようとしたが、1バッジス1Mという暴利を要求してきたので、+4までの鍛錬を頼んだ。
+4までなら「バッジスの強化保護石」ではなく、通常の強化保護石で済むからだ。これを1個300kで代行鍛錬を頼んだ。

通常、+0→1と+1→+2は「成功を保証するぜ!」というメッセージなのだが、1%の確率で折れるという。
万が一にでも折れて貰ったら困るので、+0→+1から使ってもらうことにした。失敗すればするほど経費がかさむが仕方ない。

そんな思いを知ってか知るまいか、一発ストレートで+4に仕上げて見せたアーレスは流石だった。
なんで舌打ちしているかはわからないが、僕はただただ感謝しました。

安いもんです。
これでATKが111になった。十分実戦でも使えるだろう。


6.

スフィアの内訳は結局こんなかんじ。
アバター2つと各種デプス欠片、3種のアイス、3種の鍛錬石、99個の光る石と35個の輝く石、12個の羽毛石。
あと、死者の鍵と手持ち花火に、死神のスフィアなんかも出てきた。とにかくアバターが出たので僕としては大勝利である。
鍛錬もストレートで+4だったし、なかなか運が向いてるんじゃないの。

というわけで、メールを漁ったら、何かの特典でバッジスの鍛錬保護石が送られていたので、レッツ鍛錬。
+4だし折れても被害はない、成功すればラッキー。いっちょやってみよう!

ワオ。
もしかして、本当に運が向いているのでは?

・・・いけるか?
気がつくと僕は数個、バッジスの鍛錬保護石を確保していた。
手を震わせながら+6へ挑戦すると、成功。
あぁ、来ている。コレは来ている。僕は確信した。
苦節10ヶ月、ようやく「+7の鍛錬者」の称号を得る時が来たか。
理屈ではない、インスピレーションというか、そういうものを感じる。
そして、僕という人間はそういうものに従うといい結果になりやすいということを僕は知っている。

迷いはない。

天使の祝福を感じた。


7.

その後、しばらくして

そう、スラムにもお盆ということで大量の幽霊がいる。

このとき、ログを追っていなかったので
煽るだけ煽って何を叩くかのか僕は知らなかったのですが、

ワーオ。

本日のレントン戦跡:
アーレス:常勝のキュイス ストレート+7
俺:アイスソード ワンミスのみで+7
ニャル:+9フランベルジェ爆誕

恐ろしい。


8.

その後。
今日のレントンは凄いぞと俺も俺もと鍛錬をする人たち

折れる人もいれば、これまた高鍛錬を叩き出す人もいた。
どうなってんでしょうか本当に、今日のレントンは。大盤振る舞いだ。
僕もついでとばかりに魔力の盾を+4にしておいた。特に意味は無い。

そんな中、+9くらい俺も持ってるぞと廃人のディーヴァ。

これを即座に購入した絶対領域。
わかってはいたが、こいつダメかもしれない。

まぁ、彼ほどのPKerなら赤武器を持っていたら大抵の人は慄き竦み上がるものなのだろうが、

多分飽きて処分するんだろうな。
興奮しすぎて出血多量で死んでやがる。

2012/08/12

 
ある日のスラムにて。

武器が少しグレードアップした。
ありがとうございます。


そして今日、

ねんがんの

アイスソードを

てにいれたぞ!!

なかなか似合ってて気に入った。
早急に緑色に光らせなければ。
殺されて奪われでもしたらたまらん。

2012/08/10

 

火曜の定期メンテ後、おっしゃじゃあ今日も虫狩りするかーと現場へ向かうと、
ボッチ姫がなにやら不敵な笑みを見せていた。無視した。

あ!

ものの見事に修正されていた。
おのれボッチ姫、どういうことだと詰め寄ると「私の僕の様子を見てきてくれる?」の一点張り。
相手にされないからと強硬手段に出たか。クレイジーなヤツめ。

仕方ないのでいったん町に戻ると、アラハゥイがいた。
こんな場所に珍しい。どうしたのだろう。

話を聞くと、どうもお盆の時期で悪霊まで出てきちゃいましたよ、えぇ。みたいな。
この薬を飲んでクォパティ寺院にいけば、いろいろと話を聞けるようだ。

懐かしい幽霊もいた。覚えてる人はいるのだろうか?
立派な墓が立てられてるのを見てご満悦の様子。

こんなところにはエコロートス君がいた。名を忘れつつある今もなお怨霊のようにヴォージを想っているようだ。
そんなことよりウェストライフの沸きが甘くなりつつあるので、ローストチキン君にはもうちょっと頑張ってもらいたい。
広場でサボってる場合じゃないぞエロマンガトウ君!早くイノヴェルチに攫われてきたまえアンリアルトーナメント君!!1!1

で、用があるのはこの人。
なんか痛々しいこと言っていますが、とても偉い人なんです。
本当に話が長かったので要約すると、悪霊が悪いことしているので妨害してきなさいとのこと。

どうすりゃいいのと問うと、これまた話が長かった。
長かったので近くに居た人に手短に纏めてもらうと
結局、モンスターを倒してアイテムを手に入れて、そのアイテムを使って封印。
そうするとご褒美にスフィアをあげようという。


上段のアイテムをMobから拾って、イベント用ダンジョンで中段のアイテムに変換。
最後にイシークの霊にそれを渡すと褒美に下段のスフィアがもらえる。

このスフィアというのは完全にイベント用で、イベント期間を超えるとゴミ箱になるが、
期間中は当たり枠に課金アイテムや天使の輪アバターなどがあるらしい。
アバターと聞いては黙っていられないので、これはもうやるしかないと。

で、平日を虫狩りに費やした。チコル城址で。
流石のボッチ姫も他人の城には上がりこんで来れなかったようだ。
冒険者なんて勇者みたいなもんですからね。他人の家に入ろうとタンスあさろうと何しても許されるもんです。
だから僕は朽ちたとはいえ他人の家に勝手に入り込んでる不埒者を倒しては金品を漁ってるんですが、なぜか犯罪者。
よくわからない世界観です。


※画像は拾い物

イベント用ダンジョンというのは、DSS(コラボダンジョン)の5つの区画をすべて繋げて広大な1つのマップにした場所。
クソ面倒なお使いイベントを反復しなければならない。各地にある壷を色にあわせてウンタラカンタラ。
ランダム要素が多く10個壷を封印しようとするだけで結構な時間になってしまう。クソゲーである。

2012/08/05

 

というわけで、早速虫狩りやってます。装備鑑定しようものなら即呪われる恐ろしい狩場です。
Lvが31なので、もはや50%ブーストがないのですが、それでも自給9Mくらい入った。
ブーストを含めたら軽く15Mは超えてしまうことになる。
しかもそれでいて、準レアもどしどし出るし現金収入も半端じゃない。
お前らまだヴォージとかやってんの?

野良でやってると、大量に箱が出て大忙しだったり、

身内でやると赤箱が出てウワーオ。
まじか。はじめてみた。

中身はMaster品の遺恨のカタール・閃きの銀の髪飾り、Good品の信奉のメタルネックレス、
そして一番の大当たりINT+2ジェム破片だった。

ジェム破片含めて全部ドローが流れた。ひとつも僕の手元にこなかったのである。
即座に「売ってお金分配しようね」と僕。抜かりはありません。便利な言葉だよ公平って。

というわけでこれらを売り、一人4Mほどで分配できた。
で、どうせなので、首飾りがMDEF用の精霊とトレハン用の黄金虫しかなかったので、
対物理用に信奉のメタルネックレスを買い取った。多少重いのが難点だが、HP+30とPIEが2増えた。
ついでに、DEF+1!

60M近いEXPをブーストなしであげるとか苦行だわーとこれまで思ってたのですが
気がついたら上がっていました。恐ろしい。ステータスの上がりも上々で、転職するのが惜しまれるなあ。
とりあえず(やるなら)孫継承予定のOU6であるLv33まではまだ時間があるはずなので、転職か続行か大いに悩まなければ。
32が想像以上に一瞬すぎたんだ。というかこの調子じゃ33も割とすぐっぽい。あるのか悩む時間。

前回の日記と今回の日記、レベルが上がった直後に一気に書いたのですが
書いている間、ほぼ放置状態だったにも関わらず既に次のレベルアップまでのEXP分30%以上を入手していた。
虫狩り・・・なんて恐ろしい狩場なんだ・・・お前らまだヴォージとかやってんの?

2012/08/04

 

というわけで、日を改めて攻略再開。
アイテムは既に集めてある。奥へ進むと、ありました。闇天使の像。

相変わらずボッチ姫もついてきている。
ヒントも欲しいし会話してやったら、饒舌に教えてくれた。
心なしか機嫌がいい。

糞て。
流石に闇天使の姫、わかってはいたが口も汚ければ品性も汚い。

そうはいっても狼型っぽいモンスターなんかいない。
人間型のモンスターなら徘徊しているのだが。
そもそも糞をどう採取せよというのか。腸ぶちまけるのかね、やっぱり。

あてもなくふらついていると、こんな機械があった。
直感した。腹を下させるんだと。

となると、やはりこれを選ぶしかない。
前回集めたアイテムをなかなか毒々しい感じの食料?が出てきた。
そりゃカエルの目玉やらなんやら入れられたらなぁ。

そのあたりをふらふらしていると、いた。
彼は、ここいらの人間は強すぎるから狩りもできんよ、腹が減ったと嘆いていた。
それはかわいそうだと、先ほど作った食料?を提供した。

ハハハ。

この動物、ちゃんとトイレの躾がされていました。
流石トト。名前負けしていない。

言われずとも用済みである。
もう会うこともあるまい。

トイレといえば先ほどの通路にありました。
なんだろうとは思っていたが、まさかこんな活用の仕方をすることになるとは。
なんというか、クソゲーとでも言って欲しいんだろうか。

クソゲーの中で糞運びをする僕も糞と変わらないのではと思いながらも、各祭壇に糞を放り込んだ。
罰当たりな気がするが、まぁ闇天使のやることだし。光天使さんが清掃してくれることだろう。

闇の瘴気というか糞の瘴気というか、なんかもうヤケクソな感じ。
阻止します。

決戦場へ入ると、相変わらずクロルドがなんかやっていた。

お疲れ様でした。
片手FIGがいたら余裕のよっちゃん。

決戦場を出て、奥のポールから飛ぶと、入り口に戻った。
といっても最初の地点ではなく、入り口から見えてはいたがいけなかった場所である。
更にポールがあるので触れると、

2層へ飛んだ。
さしずめ竜王の城といったところか。

階段を登ると、なんだかどこかで見た地形の場所に出た。
あのポールに用があるのだが、先にここで狩りをしている人が陣取っている。
絶対領域大興奮。

無事ポールで飛ぶと、偉そうな場所へ。
奥へ奥へと、駆け抜ける。走って僕は、駆け抜ける。ゾンビを掻き分け、駆け抜ける。

すると、割と遠くない場所に闇天使の像があった。
問題は女神像が見当たらなかったので、復活が面倒そうということか。

.

後ろでボッチ姫がペラペラ話しかけてくる。
重要そうな部分だけメモって、あとは聞き流した。

すぐ隣にいた、レッサーデーモンっぽいのにも話しかけてみたら、突然発狂しだし

決戦場へ放り込まれてしまった。
ギタギタに引き裂かれました。酷い。

入り口まで戻って復活した。チクショウ、再チャレンジだ。
そう意気込み再度ポールを飛ぼうとしたら、たまたま彼の名前が見えた。
行ってみると、はぐれイノヴェルチがモンスターに見つからないようにと隅っこで震えていた。
僕ら冒険者の姿を見ると、狼狽しきった様子でぺらぺらと情報を提供してくれた。武器?あぁ武器ね、ちらつかせてませんよ?

で、色々と聞きました。
どうでもいい情報もあれば、使えそうな情報もあった。
この山羊のお面というのは、確か13号施設でNPCがおみやげにと売っていたはず。一体何者なんだ。
とにかくその時、偶然おみやげとしてこれを購入していたので、流用することができた。これで再チャレンジだ。
で、試してみると、

!?
しくじったか?

と思ったら大丈夫だった。
闇天使達が集まる集会場へと飛ばされた。

はぁ、色々いますなぁ。
中には僕が変装しているのを見破ったヤツもいる。
しかしみんな紳士的で、見逃してくれた。上の階には料理を振舞ってくれるのもいた。
なかなか悪くない場所なのかもしれないな。

・・・って、あれ?イノヴェルチもいるじゃん。

見事に堕落させられていた。
お前の友達のギスランが心配してたぞといっても、(実際心配していた)
あいつまだいたの?と言い放つくらいだ。

しかし堕落していても情報収集に抜かりは無いのはイノヴェルチも同じなのか、しっかりと情報は持っていた。
伊達に長く住んではいないということか。そういえば、悪魔達からの評判もよかったな。

で、早速頼んでみるものの、やはり材料を持って来いと。
とはいえ、必要なアイテム数が少ないので助かったかな。
魔性の血はそこいらの虫から、甲冑の残骸は表に居るトイストーリーのような名前のスタチュー型モンスターから拾ってきた。

魔性金属の塊というのは、わからなきゃ一生わからないような場所にあった。
正規ルートとして採用していいのだろうかという疑問が残る道とはいえない道を飛び越え、無事確保。

というわけで無事作成。
どうも1回使うごとに修理せねばならないらしく、また、その度に魔性の血を2個よこせという。
面倒な話だが、仲間が言うに最初からやり直しらしいので、こまめに直すしかなさそうだ。

で、封印の鎖をぶった切っていく。
そして修理に向かう。この作業を4回ほどしたら、封印は解けた。

手間のかかる奴らだ。
まぁ、手間がかかるほどかわいいって言うしね。
かわいい子には旅をさせよとも言うので、冥界に旅立ってもらいましょう。

あと、毎度のごとくクロルドがいましたが、面倒なので省略します。

台詞を取られた。

で、やってみると、直接攻撃はそこまで痛くないのだが、
画像のように蜘蛛の巣攻撃を撒き散らしてきて、これに触れると鈍足+毒+麻痺という。
プリがいれば正面から殴っていられる全然問題ない雑魚でした。

それはおいといて、この蜘蛛の巣、どうも被ダメ判定が常に出ているようだ。
このゲームは被ダメでODが増える仕様なので、ガンガンODが回復する。
しかも蜘蛛の巣が重複するので、大量に蜘蛛の巣が作られたら、OD回復量>走りに消費する量となり、別ゲーだった。楽しい。
走り時間称号なんかはここで手っ取り早くとれるんではないだろうか。

そういうわけで雑魚を駆逐すると、光のカーテンがとけて、奥にいけるポールが出現した。
それに触れると、また別な区画に飛んだようだ。そして、ここが噂のヴォージ超えの狩場らしい。

とりあえず、この「虫狩場」まで来ることが目標だったので、いったん攻略をここで区切ることにする。
機会があったらチマチマとまた進めていこうかな。それまでは虫狩りに篭ろうと思います。
クロルドなら、多分僕を待っててくれると思うので頑張って虫を退治したい。夏だしね。
ボッチ姫?冥界宛に手紙でも綴ってればいいんじゃないですかね?

クソゲーの中で虫を潰して仲間とともに効率を競い合うオンラインゲーム。
いやぁ、WizardryOnlineだなって感じがしますね。

アーカイブARCHIVE

ウィザードリィ オンライン・攻略ブログ