2012/02/12

2012/02/12後編



2層にやってまいりました。ここにはグランデヴィル退治に立ち寄ったことがある。
そのときに、ここのマップを入手しているので、そんなに広くない場所というのは予め知っている。
そして、気になるところといえば、このカーテンの奥ということも。

あれ?なんでみんなは入れてるの?



入り口の闇天使に話しかけるの、忘れてました。
前回来たときは無反応だったけど、今回はちゃんと手順を踏んできているので闇天使の像さんも口を利いてくれてます。
これで、光のカーテンが取っ払われました。よしよし。



カーテンの奥には、ガーゴイル型モンスターが鎮座していた。
さらに奥には大穴があり、ダッシュジャンプで向こう側へいく必要がある。



無視して向こう側にダッシュジャンプしてみるも、見えない結界に阻まれる。
奴らを倒せということだろうか?やれやれ、デコイさんお願いしますよ。



わーわー



わー・・・あれ?

硬いし痛いし石化だし、何より4匹まとめて狩ろうとしたのが良くなかったかな?
今度はちゃんと1匹づつ・・・と思ったが、倒したところで再POPして終わらない。
ここは決戦場ではないので、倒せばクリアというわけにもいかないのだ。



どうしたもんかなと困っていたら、メンバーの一人が打開する。
どうやら穴に落ちるのが正解だったようです。
そういえば、これまで読んできた石版の話で、そんなことが書いてあったような。



後を追うと、像があった。
物語の登場人物的にも、マップにある不自然な通路の数的にも、もう1つ宝珠があるはず。
早速向かってみることに。



ほとんど同じ作業だったので割愛しつつ、他に行く場所もなくなったので、フロアの再奥へと向かう。



あぁ丸いものってそういう・・・2つ分わざわざつけれるだなんてそんな


完全に隠語まみれな猥談をスルーしていると、なにやら封印が解けたようです。
バレンタインイベントでロッテさんの長話に付き合っているうちに、俺も少しおかしくなったかもしれんね。
真面目な話なんですよ真面目な話。「頭」だ「頬」だ言ってフィルタリングしてる場合じゃないんです。
ともかく、これで祭儀場ダンジョン最終決戦場への挑戦権を得ました。



Story#2の一発目のダンジョンなのに、こんなクライマックスっぽいこと言われたら、そりゃもうやるしかないってなもんで。
任せてください王女様!必ずや暴君アデルをぶっ殺して進ぜましょう!



みんな!これが最後の戦いだ!
HP・MPよし!キャンプよし!コンディションよし!
覚悟完了!さあ、行くぞ!

大惨事でした。
みんなの心がベッキベキに叩き折られました。
平均Lv20.5じゃ早すぎたんだ・・・DQ2でLv20の段階でシドーを倒そうとするくらい無茶だったんだ・・・。
ロンダルキアでレベル上げをすべきだったんだ・・・。

それでも、ここまで来たからにはなんとか一矢報いようと頑張ってみる。
とりあえずTHIにマラソンしてもらい、FIGがプロボで取り巻きを一匹づつ狩ることに。

アデルガード自体は、そこまで強いわけでもないので問題なく倒せる。
早く取り巻きを倒さないと、マラソン役がいつ決壊するかわからない。

足が速くてFA2連発でファーストアタックからスタンぶち込んでくる暴君アデル。
なんて迷惑なやつなんだ。なんとか耐えてくれよ。

時間が勿体無いので2匹まとめて狩る。
スタチュー型のモンスターは斧ハメがしやすいから楽でいい。
これで全ての取り巻きを倒した。
あとはアデルだけだ。ダメで元々。頑張ってみよう。

デコイさんに頼りつつ攻撃し、

ここで僕のスクリーンショットは途切れている。
どうやらやっぱり、ダメだったようです。
レベルと装備を鍛えなおして出直さないとなぁ。

GesさんまたLv1になってる・・・。
というわけで、アデル攻略は機会があればということで
しばらくはSR12を目指しつつ、3キャラ目であるGesを育てることにします。
といっても、実験用キャラクターなのでキャラデリ上等なんですけどね。

正直、キャラクターのひとつの終着点が見えてない状態なので、かなり迷走しているし
おかげでレベリングする気力が削がれてしまって仕方ないんです。スキル継承枠が足りない。
あと1枠さえあればあんなことやこんなこともできるのですが。

前の記事 :
次の記事 :

一覧に戻る

アーカイブARCHIVE

ウィザードリィ オンライン・攻略ブログ