2011/12/12

2011/12/12


gwa1gzhj

数日前の、コラボDダークゾーン試練にて。
美味しい狩場を模索してたんだっけな。帰り道にMAGがいたから喧嘩を売った。

結果は6連敗くらい。初戦でチャージ攻撃をはずし、そのままステルスバインドからのコンボで焼かれてしまった。
実はステルスバインド使いとの戦いの経験は薄く、こりゃいい練習台になるなと復帰地点も近いのでゾンビアタックしていたのですが、まるで攻略できなかった。
バインド各種を使わせてから死んで、CTの間に復活して再度突撃するとか、もはや何がしたいかよくわからない戦法をとったりもしたけどダメだった。

途中何度か、FIG槍で突く→MAGバックステップ→壁にひかかる→FIG斧に持ち替え殴る、を狙って、1度それっぽくなったけど簡単に抜けられてしまった。
このレベルになってくると、エルフMAGといえどHPも相応にあり、通常程度じゃ簡単には死に至らないので、なかなか厳しい。
やはり純FIGは、いや転職をしてないキャラは時代においていかれるのだなぁ、と痛感した。

まぁバインドなくても、トレマーでふっとばされたりしたんですけどね。
スキル調整が来ても、少なくとも対人は、やはりMAGゲーになるだろうなぁ。俺も早くSR9にしてMAGを作らないと。

そういうわけで、数日篭って見つけた狩りポイントは、コラボDの暁の試練。の決戦場前の広場。
主にゾンビ型のモンスターが沸き、どれもEXPがおいしい。
毒が鬱陶しいが、それさえなんとかなればサクサク狩れる。
コンディション0の制約も、奥の水飲み場で5000G支払えば100に戻る。
5000Gというと高いと感じるかもしれないけど、このダンジョンなら3分あれば取り返せる。

そういうわけで、僕は斧2本と槍1本を引っさげてひたすら狩りしてます。
邪魔されたらマジでぶち切れるので視界に入らないでください。殴りに行ってしまうので、間接的な狩り妨害になります。

で、普段なら斧2本と槍1本が壊れるころには、泉の水も枯渇して、アイテムの装備鑑定も1,2回できるのですが。
今日は装備鑑定で、「猛撃の戦斧」なる斧を2個拾いました。
これはレア品で、追加能力は散々ですが、現在存在してる両手斧では2番目に強い攻撃力を持つ斧です。

でもそんなことはどうでもいいんです。問題は「実用レベルの斧を未鑑定で入手」したということ。
それが意味するところはつまり。

そういうわけで、追加2本分の斧の耐久力を0にしました、3時間以上も同じ試練で狩りができるなんて、本当に素晴らしい。
おかげでソウルポイントが8000増えた。SR9は遠くない。SR3→4のほうがよっぽど遠いな、と今更ながら思う。
それにしてもこのスーパーライトアックス、こんなに便利ならもうずっと未鑑定でいいんじゃないかと思ったのですが

g1wagz

ダメでした。泣く泣く鑑定して修理。「猛撃の戦斧」は、「装備した後はトレードができなくなる」という、誰も得しないデメリット以外ない属性がついているので、露天で捌くこともできない。
NPC売りするか、ダンジョン内で使うだけ使って捨てる以外に道はないのだ。

でもこのスーパーライトアックス、単純に未鑑定なだけでいいので、協力者に装備を渡してから殺してルートしてから鑑定せずに使えば。
僕はBANが怖いので、そんなあからさまなことしませんけど。

前の記事 :
次の記事 :

一覧に戻る

アーカイブARCHIVE

ウィザードリィ オンライン・攻略ブログ