2013/01/05

 
オペレーション・シャドウダンス。
第一段階は遺品処理に利用。
第二段階は抜き取りを利用した1ch露店荒らし。
第三段階は対象を廃人に設定。
そして最終段階は、無自覚の不正利用者を大量に作ることだったのですが、
第二段階の途中で協力者が飽きてしまうというアクシデントに見舞われ、
そして僕自身「なんかもういいか終わったゲームだし」という今更な気分になってしまい頓挫しました。

やり方に関しては先に書いた通りが僕の知るほぼ全てなので、
新規アカウントと別回線を用意すれば・・・。
いやいや、何かあっても僕には責任取れません。
バグ利用はBANされる覚悟のあるものだけが行なうべきです。
最初からするなって話ですが。

あのバグを成功させるにはラグが必要になるのだけれど、
本来行なうべき定期メンテナンスを1回休んでおり、サポートも休んでいる。
おかげででサーバーは通常時より不安定だし、運営の対応も遅くなりそうなので
もしもやろうってんなら今が一番なんだろうなぁ。

と思っていたのですが。
それでもなんだかんだで運営も普通ではない事態という認識はしているらしい。
日記を更新した日の夜にこんなメールが届いていました。

いつもならこんな措置もなかった。でもね、こんな措置してもダメなんです。
やり方は既に公開されており、そもそもバグの発生した時期は少なくとも数ヶ月前。
僕以外の誰かが悪用していないとも限らない。(僕は発見から今まで封印し続けてきたけど)
そうでなくても今日から定期メンテまでの4日間に何があるかもわからない。

このメールは臨時メンテナンスを挟まなくていいという判断なのだろうが、どうすんでしょうね。

おまけ

作戦第一段階時に10chスラムでお披露目していたときのこと。
でぃーば君が無邪気に「彼らがどんな風に詐欺られたか体験してみたい」というので、
最終段階でやるつもりだった「無自覚の不具合利用者を作る」ことにしてあげました。

この後、更に押し付けたゴミアイテムが「?靴」に変化したようですが、何も知らないでぃーば君は
バグ利用でBANされることを恐れて鑑定せずに捨ててしまいました。

もちろんそれは、その時10chスラムにいた誰かのものなの。
それが何で誰の物かは闇に葬らされました。やっちゃったなーとネタばらしをしてあげました。

それからというものの、彼はBANに怯え別ゲーに逃げる日々を続けているようです。
哀れ。

前の記事 :
次の記事 :

一覧に戻る

アーカイブARCHIVE

ウィザードリィ オンライン・攻略ブログ