2012/05/03

2012/05/03前編

 
※例によって画像多めです。

所用で酒場に立ち寄ると、2階から荒れてる様子の飲んだくれがいることに気づいた。
そういえば、ロサワルドクリア以降から、彼が何か依頼を出したがっている様子だったが、すっかり忘れていた。

というわけで、今日はサブクエな感じの日記です。

さて、いったい何があったのでしょうか。
スタークとその妻に関するクエストは、カオカ・パラージ遺跡の時に1度やったが、確かロクでもない内容だったのは覚えてる。
夫婦生活がよくなるようにと、互いにプレゼントをしあうのだが、その内容が互いに呪われた一品だったような気がする。
アレから何かあったのだろうか。何もないわけがない。






(酒をあおりながら)

そういうことならと、依頼を受けた。
乗りかかった船ともいう、知らない仲でもないので放ってはおけない。
とりあえずクォパティ寺院なんかで呪いを解いてもらうのが一番手っ取り早いんじゃないの。


なんてこった。だが、魔法局の医者というワードを出してくれたので、闇雲に探すことはなかった、
じゃあ、ちょっと魔法局にいってこよう。普段ゼーム・テールから頼まれてばかりだし、こちらから何か頼んでも問題はあるまい。

で、魔法局にいってマップを見ると、奥のほうにそれらしいアイコンが。
向かってみると、医術長ルーデンダールがいた。

が、名前からそんな気もしていたが、やはり貴重品なので簡単には譲れないとのこと。
そこをなんとか、とお得意の眼力で頼み込んでみると

しゃーねーなー。どいつから出るかも教えてもらったし、ちょっといってくるか。
目指すはロサワルド1層ですよ。インプ狩りですよ。

狩りをしてて気づいたが、ああいうとれない場所においてある宝箱って大抵色がアレだから丸わかりだよなぁ。
なんて思ってたけど、アッザームの開けれる箱で似たような宝箱があったような。そりゃ飛び込まざるを得ないよね。海に。

で、トレハンFIGの本領を発揮して10個拾ってきました。
既に適正レベル外のダンジョンですが、なんのそのです。
持っててよかったドロア7。

仕方ない奴だな!


(お前かよ・・・)

話を聞くと、別に加工が難しいだけで、魔法局だけに卸してるわけではないらしい。


普段いろんな人の装備を叩き壊しまくってるバッジスさんが言うんだから、相当なものなんだろう。
バッジスさんのお手製保護石を使えば、薬瓶くらい簡単じゃないのかとも思ったが、そこは特殊なだけあって難しいのだろう。

魔法局からは良質なものを貰っているのでそれで作っているが、お前個人にそれを使うことはできんとバッジスさん。
仕方ないので自分でとりにいくことに。良質じゃないと失敗するからなと念を押された。

来てみたはいいものの、どうもよくない感じのが続く。
1個しか持てないので、拾っては捨てて拾っては捨ててと、ソムリエ称号をもらえそうな作業をする僕。

お、これならいいんじゃないか?
Lv2~3鍛錬石って感じがする。早速バッジスの元へ持っていこう。

流石だった。
作成費用1000Goldをとられてしまった。
たたき殺したい衝動を抑え、再度探しに。

その末に

ゲット。2度目で成功してくれました。
こいつを持って魔法局のガントに渡せば作ってもらえる。

イラッ

よかったよかった。満足してもらえた。
頑張った甲斐があったというものです。

(この男はダメかもしれない)

サブクエといえば、新D、すなわち荒廃の廊のサブクエもやっていなかった。
彼がその依頼人だ。衛兵がとてもうざい。巡回している衛兵もよく通りかかり、配置に悪意を感じる。

長い名前だなぁと思っていると

衛兵にとっ捕まった。妻が拉致られたので、ヴォージから受け取ったペンダントを頼りに探し出してくれとのこと。
うーん、まぁ見事に実験体の一員になってるんだろうとは思うが、探してみることに。レッツゴー荒廃の廊。

全然違うものを拾ったけど、これはこれでよし。
危険ですよね、ソーゴ警備。

とりあえず例によって実験体たちに聞いてみよう。
目利き人がいなくなっても、既に散々弄くられてしまった彼らは、ここで朽ちていく運命なのだろう。まだいた。


が、彼らは何も知らなかった。
身内社会なのだろう。それとも、やはり既に・・・。

イノヴェルチにも聞いてみた。
だめそうな気配が凄い。

しかし、何か知ってる様子。が、これ以上は何を聞いても知らん振りだった。
隠し通路といえば、俺にも心当たりがあった。多分、あそこだろう。

ここだ。実験体マリアのちょうど向かいの部屋にある。
反応はあるが、入れない。もう一度奴に聞いてみよう。それでも渋るなら、眼力である。

怪しい場所があったぞと告げると、案外ペラペラと喋ってくれた。
しかしなんだか、なんでも思わせぶりに喋る奴だな。

入り方を教わり、いざ行かん。

大量のゾンビにムシャり殺された。

応援を呼んで再度挑戦。
あ、これすごいEXPおいしいな・・・。

ゾンビを全て片付けると、拾ってしまった。
これはまさか・・・。

予想内の悲劇だった。

ヴォージの妻の亡霊が、遺言を残して逝った。
そういえばあのイノヴェルチ、ウェイストライフ(ゾンビ)は改造される前の記憶を持ったままだと言っていた。
俺たち冒険者は、もしかしたらとんでもないことをしていたのかもしれない・・・。

一方のパーティはというと、そんなことはお構いなしで、この決戦場EXPうめーな!ガハハ!と冒険者精神を存分に発揮していた。
なんて混沌な世界なのだろう。あらゆる面で狂ってるよ、この世界。ドローした槍は「幸運のロングスピア」だった。なんて皮肉だろう。


彼を傷つけないように報告しないと。
ええっと・・・。

クリック連打でそれどころじゃなかった。
しんみりした空気だったようだが、衛兵がそれを切裂いてくれた。お前まじでふざけんなよ。

前の記事 :
次の記事 :

一覧に戻る

アーカイブARCHIVE

ウィザードリィ オンライン・攻略ブログ